角田裕毅、ルーキーとして最後のレース”アブダビ”へ「いい形でシーズンを終えたい」

角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は、F1最終戦アブダビGPを前にコメント。ルーキーとして最後のレースを楽しみたいと語った。

角田裕毅、ルーキーとして最後のレース”アブダビ”へ「いい形でシーズンを終えたい」

 アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1アブダビGPを前にチームのプレスリリースにコメントを発表。ルーキーとして最後のレースを楽しみ、良いオフシーズンを迎えたいと語った。

 2021年のF1も、いよいよ最終戦。アブダビGPである。今シーズンデビューした角田裕毅にとっては、1年目の集大成となる。

 その角田はアビダビのコースでレースをした経験はないが、昨シーズン終了後に行なわれた若手ドライバーテストで、アルファタウリのマシンを走らせている。

「アブダビに関してはレースしたことはありませんが、昨年末に若手ドライバーテストに参加しました。その時、F1マシンでヤス・マリーナ・サーキットを走ったことがあります」

 角田はそうコメントを寄せた。

「そのテストをした時のことを、とてもよく覚えています。それ以前にもF1マシンを走らせたことはありましたが、最新のマシンを走らせたのは、この時が初めてでした。特にガレージから始めて出た時は、とてもエキサイティングでした」

 ただ今季のコースは、角田が昨年走ったレイアウトとは異なっている。特にコース終盤に変更が加えられ、ストップ&ゴーというよりも、ぐるりと回るコーナーが続くような形になる。

「オーバーテイクを容易にするため、コースのレイアウトにかなり大きな変更が加えられました。今年は誰にとっても、学ぶべき新しい側面があります」

 そう角田は言う。

「第一印象は、新しいレイアウトは以前よりもはるかに速く、より流れるように走ることになるという点です。そのため、タイヤの摩耗にどんな影響があるのかを確認するのは、とても興味深いことです」

「レイアウトは大きく異なるかもしれませんが、過去の経験から、知ったサーキットのような気もします。適応しやすいはずなので、チャンスを最大限に活かし、できるだけ多くのポイントを獲得したいと思っています」

「ルーキーとしてレースをするのは、これが最後になります。この立場を最後のレースで楽しんで、シーズンを良い形で終えられるかどうかを見極めたいと思います」

 
Read Also:
シェア
コメント
メルセデスF1、批判浴びたキングスパンとのスポンサー契約を双方合意で解消
前の記事

メルセデスF1、批判浴びたキングスパンとのスポンサー契約を双方合意で解消

次の記事

「ハミルトンも”非常に狡猾な”走りをしている」レッドブル代表、フェルスタッペンへの批判受けチクリ

「ハミルトンも”非常に狡猾な”走りをしている」レッドブル代表、フェルスタッペンへの批判受けチクリ
コメントを読み込む