ピエール・ガスリー、F1モナコ初日FPで好調な発進「でも、午後はドライブするのが大変だった」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1モナコGPの初日を好位置で終えたが、まだドライビングに苦労しているところがあり、予選に向けて改善していかなければならないと語る。

ピエール・ガスリー、F1モナコ初日FPで好調な発進「でも、午後はドライブするのが大変だった」

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1モナコGPの初日を、フリー走行1回目を4番手、2回目を7番手と好位置で終えた。

 開幕2戦では高パフォーマンスを披露したアルファタウリだったが、ここ2戦は相対的なパフォーマンスが若干低下傾向にあるように見えた。その要因には、アンダーステア傾向にあるマシン特性があるのではとも言われ、タイトなコーナーが連続するモナコでも、苦戦するのではないかという見方もあった。

 しかしガスリーはマシンをうまくコントロール。初日2回のフリー走行で、いずれも好位置につけた。

「今日は僕らにとって、とても良い1日だった。ペースに関しては素晴らしく、今朝はここモナコで走り出すために、最高の形だった。マシンには自信を持つことができ、プッシュすることができたんだ」

 ガスリーはチームのプレスリリースにそう語った。しかし7番手につけたとはいえ、FP2では苦労したとガスリーは語る。

「午後はトップ10以内でフィニッシュできたから、それでもかなり満足している。でも、ドライブするのはかなり大変だった。明日、みんなと協力して、苦労している部分を改善するための仕事ができればと思っている。でも基本的には、とても満足している」

 ガスリーは、モナコでは予選が重要になることを重々承知している。そのため、さらなる改善を目指していきたいと語る。

「モナコはとても特殊なコースだ。グリップの面でも、そして路面がバンピーであるという面でもね。だからこのコースでマシンをうまく機能させるためには、このパッケージで何か最も効率的なモノなのか……それを見つける必要がある」

「でも僕らは良いベースラインを持っている。この市街地コースでは、良い予選を戦うことがいかに重要なのかを理解している。予選までに、改善を続けることができればいいと思っている」

 

Read Also:

シェア
コメント
ハミルトン、”抜けない”モナコ週末のフォーマット変更を提言「見る分には今もエキサイティングだけど……」
前の記事

ハミルトン、”抜けない”モナコ週末のフォーマット変更を提言「見る分には今もエキサイティングだけど……」

次の記事

メルセデス代表、フレキシブルウイング取締りの中途半端さに不満「だったら我々も柔らかいものにする」

メルセデス代表、フレキシブルウイング取締りの中途半端さに不満「だったら我々も柔らかいものにする」
コメントを読み込む