ピエール・ガスリー予選好調も、決勝9位がやっと「2ストップの戦略では限界があったが、悪くない結果」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1オーストリアGPを9位でフィニッシュ。予選では6番手となったガスリーだが、2ストップ戦略を強いられたため、限界があったと語った。

ピエール・ガスリー予選好調も、決勝9位がやっと「2ストップの戦略では限界があったが、悪くない結果」

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、F1オーストリアGPを6番グリッドからスタートしながら、9位という結果に終わった。ガスリーはソフトタイヤでスタートすることになったため2ストップ作戦を強いられたため、厳しいレースになったと語った。

Read Also:

 今季は予選でも決勝でも安定した速さを披露しているガスリーは、今回のオーストリアGPの予選も堅実に戦い、6番グリッドを獲得。レース序盤もガスリーはスタート時のポジションを維持し、チームメイトの角田裕毅を従えて周回を重ねた。

 ただアルファタウリ勢は、ソフトタイヤを履いて予選Q2を突破したため、決勝もこのソフトタイヤを履いてのスタート。そのため2ストップ作戦以外に選べる戦略はなく、これがレースで苦労する原因となった。

「2ストップ戦略で戦うのは、予想以上に大変だったと思う」

 ガスリーはそう語った。

「2ストップの作戦には、もう少しメリットがあると思っていた。でも、理想的ではなかったことが分かった。同じ戦略を採ったアストンマーチン、そしてユウキや僕は、少しばかり苦労していたように見えた」

「それでも、先週末(シュタイアーマルクGP)レースペースが非常に良かったフェラーリに、本当に近付くことができた。だから、良い1日だったと思う。シャルル(ルクレール)に本当に近いところまで行ったんだからね。何かを試してみたかったけど、周回が足りなかった」

 2ストップ戦略は、金曜日の時点で決定されたモノだったとガスリーは説明する。

「僕らは金曜日の夜に決めなければいけなかった。僕らにはそれ(ミディアムタイヤでQ2を突破)をするペースがあるとは感じられなかった。戦略の観点から、数字を見て、その週末へのアプローチを検討する必要があることを意味していた」

「マクラーレンは、その(ミディアムタイヤでスタートし、1ストップで走り切る)戦略を機能させた。13番グリッドからスタートしたダニエルが、1ストップを成功させてかなりポジションを挽回した。だから1ストップ戦略には、ポジティブな点があったと思う。だから僕らは、データを見直す必要がある」

 ソフトタイヤはレースでは使いづらかったと、ガスリーは改めて語る。

「5周走った時点で、既にリヤタイヤに苦労していた。だから、なんとか(周回数を)伸ばそうとしたけど、レースに適したタイヤではなかった。だから、かなり早い段階でハードタイヤに交換することにしたんだ」

「その後は、トラフィックをくぐり抜けていく必要があったから、色んな場面でラップタイムを少し失ってしまった。でも最後のスティントはすごく強力で、フェラーリやマクラーレンに近いところまで戻ってくることができた。これは、今回のレースでポジティブなことだった」

 どんなに悪い状況でも、確実にポイントを獲得してみせるガスリー。しかしガスリー曰く、オーストリアGPは”悪い日”ではなかったという。

「今日を”悪い日”とは僕は言わないだろう。スタート時に履いていたタイヤを考えれば、良い結果だったと思う。でも、僕らにできることには限界があったと言えるだろう」

「ダニエル(リカルド/マクラーレン)はストレートでとても速かった。(だからポジションを守るためには)懸命にプッシュしなければならなかったし、タイヤも使うことになった。コーナーへのブレーキも遅らせたんだ。でも、ある時点でタイヤが終わりかけた時、本当に接近されてしまった。そして僕らは言ったんだ。『OK。ピットに入るタイミングだね。これ以上タイムを失うわけにはいかない』と。うまくマネジメントできたとは思うけど、2ストップ戦略では限界があったんだ」

 次戦イギリスGPの舞台となるシルバーストン・サーキットは、また異なるタイプのサーキット。そして、F1史上初めてスプリント予選レースが行なわれることになる。これについてガスリーは、次のように語った。

「週末へのアプローチという観点で言えば、それ(スプリント予選レースが行なわれるフォーマットになること)が何を意味するのかというのは、非常に興味深いと思う。タイヤの割り当てがどんなことを意味するのか、それがなにを意味することになるのかは完全には分からない。でも、やってみることは良いと思う」

「スプリント予選レースがあるフォーマットが、僕らにどう働くのか、それを見てみることにしよう。僕らのマシンにとってどうなのかは分からない。とりあえず次の週末を戦い抜いてみないとね」

 

Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、期待寄せるラッセルとの10位争いに複雑な心境「彼とのバトルは少し悲しかった」

前の記事

アロンソ、期待寄せるラッセルとの10位争いに複雑な心境「彼とのバトルは少し悲しかった」

次の記事

F1&MotoGPオーストラリアGP、まもなく開催中止発表か。入国規制の問題解決できず

F1&MotoGPオーストラリアGP、まもなく開催中止発表か。入国規制の問題解決できず
コメントを読み込む