ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その3

レッドブル・ホンダの2021年用マシンRB16Bを、イラストとクローズアップ写真でチェック。その”開発史”を振り返る。

F1メカ解説|2021年、レッドブル・ホンダRB16B大解剖〜その3

 2021年最速の座を、メルセデスと激しく争ったレッドブル。最終的にはコンストラクターズタイトルこそメルセデスに奪われたものの、マックス・フェルスタッペンのドライバーズタイトル獲得に貢献した。

 ホンダはこのシーズンがF1活動最終年。そのため予定を1年前倒しして、新骨格のパワーユニット(PU)を用意した。この新骨格PUでパワーアップを実現。さらには低重心、コンパクト化されたことで、マシンのパッケージ面にも貢献した。そしてシーズン後半には、アップデートされたエナジーストア(回生システム用バッテリー)も投入。こちらもハイパワー、高効率を実現することになった。

Read Also:

■ホンダのエナジーストア

Sergio Perez, Red Bull Racing RB16B battery detail

Sergio Perez, Red Bull Racing RB16B battery detail

Photo by: Giorgio Piola

ホンダはベルギーGPのフェルスタッペンを皮切りに、新型のエナジーストア(ES)を投入した。当初は2022年に投入される予定だったこのESだが、F1活動終了の決断を受けて開発を前倒しし、2021年後半からの投入が実現した。この新ESは抵抗が低く効率も高いだけでなく、超高出力と軽量化も達成したモノだった。開発はイギリスのHRD-UKが担当したものの、日本の開発部隊も大いにサポートしたという。


■フロアのフィンおよびストレーキ

Red Bull Racing RB16B detail

Red Bull Racing RB16B detail

Photo by: Uncredited

フロア及びディフューザーの効果を高めるため、リヤタイヤの前方のフロアには、様々なフィンやストレーキ、フラップ、ウイングレットなどが取り付けられている。


■Sダクトおよびコクピット前のフィン

Red Bull Racing RB16B front detail

Red Bull Racing RB16B front detail

Photo by: Uncredited

コクピット前方上面にはSダクト用開口部が設けられ、その両側にはフィンが取り付けられている。このフィンは、フロントウイングで撥ね上げられた気流を、サスペンションアームなどと共に向きを変え、サイドポンツーン上面に送るためのモノだろう。


■フロア

Red Bull Racing RB16B detail

Red Bull Racing RB16B detail

Photo by: Uncredited

マシンに取り付けられる前のフロア。写真右側がリヤ、左側がフロントである。この写真では、フロアの端に取り付けられたフィンなどの空力パーツをよく観察することができる。


■バージボードエリア

Red Bull Racing RB16B bargeboard detail

Red Bull Racing RB16B bargeboard detail

Photo by: Giorgio Piola

複雑怪奇なバージボードエリア。無数のフィンが上や前方、そして後方を向いて生えているのがよく分かる。ブーメラン状のエレメントの表面には、下方に存在するエレメントに対応する形で無数の切れ込みが入れられている。


■ホンダ製パワーユニットRA621H

Red Bull Racing RB16B engine detail

Red Bull Racing RB16B engine detail

Photo by: Giorgio Piola

ホンダの2021年用パワーユニットRA621H。カウルが外されているので、非常によく観察することができる写真である。エアボックスの上にクーラーが乗せられているのも、このPUの特徴。その側面には、車体内部の気流をコントロールするためのカーボン製パーツが存在しているのも確認することができる。


■リヤブレーキ

Red Bull Racing RB16B brake drum detail

Red Bull Racing RB16B brake drum detail

Photo by: Uncredited

ドラムカバーが取り外されているため、ブレーキ内部の構造がよく分かる。Cの字型のカーボン製パーツは、ブレーキダクトで取り入れた気流を下方に送るためのパイプと思われる。また、リヤサスペンションのアッパーウイッシュボーンは、アップライト側の取付け点が上方に伸ばされ、非常に高い位置に取り付けられている。これに応じて、ロワウイッシュボーンの取り付け点も、アップライトの中心やや上方に設定された。これらのレイアウトにより、サスペンションアームの下にスペースを確保し、空力効果向上に活かしている。


■リヤの冷却用開口部

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B

Photo by: Uncredited

リヤの冷却用開口部は、レースによってその大きさ、レイアウトが異なる。左下のモナコ仕様は小さめ、その上のハンガリー仕様はモナコのモノよりは若干大きくなっている。メイン写真はメキシコGPのもの。メキシコは標高が高いため空気密度が薄く、冷却がしにくいため、リヤの開口部も大きく開けられている。


■ギヤボックスとリヤサスペンション

Red Bull Racing RB16B brake drum detail

Red Bull Racing RB16B brake drum detail

Photo by: Uncredited

搭載準備が進められるギヤボックス。リヤサスペンションのロワアームは、ブレーキダクトに接続される直前で、ウイング形状が変化しているのがよく分かる。またギヤボックスの上に取り付けられている格子状の金属パーツは、リヤウイングのサポート。ここにはエキゾーストパイプが配置されるため、その熱に対処すべく、金色の耐熱処理がなされている。


■ステアリングホイール

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B

Photo by: Erik Junius

RB16Bのステアリングホイール。これは2021年王者に輝いたマックス・フェルスタッペンのモノだ。


■ディフューザー

Red Bull Racing RB16B diffuser detail

Red Bull Racing RB16B diffuser detail

Photo by: Giorgio Piola

RB16Bのディフューザーを後方斜め上から観察。この角度から見ると、ディフューザーがどれだけ跳ね上げられているのかが分かる。また、ディフューザーの上にも大きなスペースが存在し、空力効果に活かされているのが分かる。


■ホイール

Red Bull Racing RB16B rim detail

Red Bull Racing RB16B rim detail

Photo by: Giorgio Piola

通常ならタイヤが取り付けられているため、滅多に見ることができないホイールの表面である。上がアウト側、下がイン側。よりアウト側の方に、絞り込まれたような形状になっている部分がある。また表面には様々な形状が刻まれており、ブレーキ熱をタイヤ内部の温度にどう影響させるかがコントロールされている。


■エアボックス

Red Bull Racing RB16B airbox detail

Red Bull Racing RB16B airbox detail

Photo by: Giorgio Piola

ホンダPUに空気を送るエアボックス。上方のエアボックスは、PU上のクーラーに空気を供給するためのモノ。下のコブラのような形状のエアボックスは、ターボやコンプレッサーに空気を送るためのモノだ。


■DRS作動時の幅をチェック

Red Bull Racing RB16B DRS gap checking

Red Bull Racing RB16B DRS gap checking

Photo by: Giorgio Piola

DRSが開いた時のフラップとメインプレーンの幅をチェックするメカニック。これが85mm以上となると、レギュレーション違反となってしまう。サンパウロGPの予選では、メルセデスのハミルトン車がこの隙間が0.2mm広すぎるとして、失格処分を受けている。

 
Read Also:

シェア
コメント
F1ファンに大好評! マクラーレン、今後も”1戦限り”の特別カラーリング実施に前向き「それほど高頻度ではやらないが」
前の記事

F1ファンに大好評! マクラーレン、今後も”1戦限り”の特別カラーリング実施に前向き「それほど高頻度ではやらないが」

次の記事

2022年のF1マシンは角田裕毅向き?「18インチタイヤで、マシンの動きがシャープになる」

2022年のF1マシンは角田裕毅向き?「18インチタイヤで、マシンの動きがシャープになる」
コメントを読み込む