F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

ウイリアムズF1の新カラーリングは、”先頭争い”に戻るという決意の表れ

ウイリアムズが3月5日に発表したニューマシンFW43Bは、これまでにない斬新なカラーリングを身に纏っていた。これについてチームのCEOであるヨースト・カピトは、苦戦が続くチームが復活を目指す決意の表れだと語った。

ウイリアムズF1の新カラーリングは、”先頭争い”に戻るという決意の表れ

 ウイリアムズは、2021年用ニューマシンFW43Bをオンライン上で発表した。当初はARアプリ上での発表が予定されていたが、ハッキングされたとのことで直前になってこれが中止。チームはサイトとSNSにニューマシンの画像を公開した。

Read Also:

 このニューマシンでまず目を引いたのは、昨年までとはガラリと趣を変えたカラーリングだ。濃淡の青でマシンの表面の多くが塗られ、そこにイエローのアクセントが入れられている。そしてチームのロゴマークである”W”がエンジンカウル部に誇らしげに入れられている。

 チームのCEOに就任したヨースト・カピトは、この大胆なカラーリング変更は、チームの輝かしい歴史から脱却し、新たな時代の幕を開ける決意の表れだと語った。

「ウイリアムズ・レーシングは、このスポーツの象徴である。革新的、情熱的で巧みなレース戦略、そして勝ちたいという絶対的な願望と純粋な決意などにより、成功の評判を築いてきたチームだ」

 カピト代表はそうコメントを寄せた。

「好不調があるのは、歴史あるスポーツブランドの”旅”にとっては、典型的なことだ。歴史的な成功は、強力なモチベーションになる可能性がある。しかし、F1の将来の成功を決める要素になるモノではない」

「従って我々は、2021年用のマシンに新しいカラーリングを用意した。我々の信じられないほどの過去の功績を認めつつ、ウイリアムズのDNAの核にある精神、意欲、モチベーションなどを維持しながら、未来を見据え、先頭争いに舞い戻るという我々の長期的な野心を示している」

「この旅はまだ始まったばかりだ。まだまだやるべきことはたくさんあるが、正しい方向への勢いがあることを嬉しく思うし、今シーズンもその進歩を続けられることを楽しみにしている」

Read Also:

シェア
コメント
世界アンチドーピング協会、ハースF1新車の”ロシア国旗風”カラーリングを調査へ

前の記事

世界アンチドーピング協会、ハースF1新車の”ロシア国旗風”カラーリングを調査へ

次の記事

FIA、F1バーレーンGPで起きたグロージャンの炎上事故の調査を完了。安全対策を広範囲に見直し

FIA、F1バーレーンGPで起きたグロージャンの炎上事故の調査を完了。安全対策を広範囲に見直し
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ジョージ ラッセル , ニコラス ラティフィ
チーム ウイリアムズ