”ベッテル引退”で加速した、2023年へ向けたF1ストーブリーグ。現在の各チーム契約状況をおさらい

2023年シーズンに向けたドライバー移籍市場が、セバスチャン・ベッテルが今季限りでの引退を決断したしたことで加熱。現状の来季のドライバーラインアップを見ていこう。

”ベッテル引退”で加速した、2023年へ向けたF1ストーブリーグ。現在の各チーム契約状況をおさらい
Listen to this article

 F1の2022年シーズン前半戦最後のレースとなったハンガリーGPを挟むように、来シーズンに向けたストーブリーグが活発に動き始めた。本稿では、現時点での各チームのドライバーの契約状況をまとめておきたいと思う。

 ストーブリーグが動き始める引き金を引いたのは、セバスチャン・ベッテルだった。ベッテルはフランスGPの段階では、来季以降も現役を続ける意向を示していたが、ハンガリーGP直前に一転今季限りでのF1引退を発表。「家族との時間を過ごしたい」とその理由を語った。

 ベッテルが抜けた後のアストンマーチンのドライバー候補には、様々な名前が挙がっていた。同チームでレースをした経験があるニコ・ヒュルケンベルグをはじめ、パワーユニット供給元であるメルセデス繋がりで、ニック・デ・フリーズらの名前も挙がった。

 しかしベッテルの後を埋めるドライバーが、ハンガリーGP終了直後に発表された。フェルナンド・アロンソである。アロンソも、直前まではアルピーヌに残留したいとの意向を示していたが、一転アストンマーチンに複数年契約で加入することになった。

 この発表に驚いたのは我々だけではなかった。現在の所属チームであるアルピーヌも驚いたようで、アロンソの移籍はアストンマーチンの発表を見て知ったと明かしている。どうもアロンソは複数年の契約を期待していたようだが、アルピーヌ側は単年契約+オプションを提示していたという。これが両者の溝を生んでしまったということであろう。

 さてアロンソを失ったアルピーヌは、リザーブドライバーであり、時間をかけて育成してきた2021年のF2王者オスカー・ピアストリを昇格させることを決め、その旨を記したプレスリリースを出した。しかしここで3度目のサプライズがあった。ピアストリはこのリリースの内容を否定。「来季アルピーヌで走るつもりはない」と自身のSNSに投稿したのだ。

 ピアストリは、来季マクラーレンに加入する可能性が高いと言われている。現在のマクラーレンのドライバーは、2名揃って来季の契約を結んでいる。しかしながら、ダニエル・リカルドは今季絶不調であり、契約が早期に解除される公算が大きいと見られている。この後釜として、新人ピアストリが入るのではないかと言うのだ。

 一方でアロンソとピアストリに袖にされてしまったアルピーヌは、後任候補の噂があまり聞こえてこない。チーム代表のオットマー・サフナウアーは、アルピーヌの前身であるルノー時代にチームに在籍したリカルドが復帰することも阻止しないと言っているが、そのくらいである。

 またウイリアムズも、アレクサンダー・アルボンとの契約延長を発表。残るもうひとつのシートを誰が射止めるかに注目が集まっている。

■メルセデス
 ◎ルイス・ハミルトン(2023年)
 ◎ジョージ・ラッセル(2022年から長期契約)

 メルセデスはふたりのドライバーと契約を締結済み。来季も今季と同じラインアップを継続し、巻き返しを図ろうとしている。

■レッドブル
 ◎マックス・フェルスタッペン(2028年)
 ◎セルジオ・ペレス(2024年)

 レッドブルも現在のフェルスタッペンとペレスのラインアップを、今後少なくとも2年は継続する予定だ。特にフェルスタッペンは、2028年までの超長期契約を結んでいる。

■フェラーリ
 ◎シャルル・ルクレール(2024年)
 ◎カルロス・サインツJr.(2024年)

 フェラーリもふたりのドライバーとも2024年まで契約を締結済みである。

■マクラーレン
 ダニエル・リカルド(2023年?)
 ◎ランド・ノリス(2025年)
 △オスカー・ピアストリ
 △アレックス・パロウ
 △パトリシオ・オワード
 △コルトン・ハータ

 マクラーレンが最も複雑な状況である。ノリスは2025年まで契約を結んでおり、おそらく手放すことはないだろう。しかし2023年までの契約を結んでいるリカルドについては、契約の早期解除要項があるようで、マクラーレン・レーシングCEOのザク・ブラウンは、今季限りでの契約解除を匂わせている。

 もしリカルド放出ということになれば、後任は誰になるのか? その最有力候補がピアストリだと言える。アルピーヌの育成として長年頑張ってきたピアストリが、約束された同チームのシートを蹴ってまで入るとすれば、かなりの厚遇で迎えられるということになるだろう。

 ただピアストリだけが候補ではない。マクラーレンとしてはインディ出身のドライバーを起用したいという意向があり、今季中の複数回にわたってプライベートテストを実施予定。F1、インディ、そしてフォーミュラEの全てをリンクさせるために、インディ出身のドライバーがF1に乗るのは、確かに理想的だ。さてどんな結末となるのか?

■アルピーヌ
 ◎エステバン・オコン(2024年)
 ×オスカー・ピアストリ(本人は否定)

 アロンソに逃げられ、ピアストリにも離れられてしまったアルピーヌ。後任としては、マクラーレンを離れるのが有力とされるリカルドの名前は挙がってきているが、そのくらいである。

■アルファタウリ
 ◎ピエール・ガスリー(2023年)
 ○角田裕毅(2022年限り)

 ガスリーとの契約は既に1年延長済み。残るは角田が残留できるかどうか。今季はガスリーと互角の速さを見せており、さらにチーム代表のフランツ・トストは、このままの速さを見せれば、契約延長できると語っている。ただ、速いものの成績は伴っていないというのも事実……そろそろ結果が欲しいところだ。

■アストンマーチン
 ◎フェルナンド・アロンソ(2023年から複数年契約締結)
 ◎ランス・ストロール(不明。しかし残留は規定路線?)

 アロンソが加入することになったアストンマーチン。もうひとつのシートは、チームオーナーの息子であるランス・ストロールで安泰とみていいだろう、ストロールとしては、ベッテルに続いて、アロンソという絶好の師匠役を迎えたということになろう。

■ウイリアムズ
 ◎アレクサンダー・アルボン(2023年から複数年締結)
 △ニコラス・ラティフィ(2022年限り?)
 △ローガン・サージェント
 △ニック・デ・フリーズ
 △オスカー・ピアストリ

 アルボンとの契約を延長したウイリアムズの、もうひとつのシート争いが加熱している。当初はアルピーヌからレンタルする形で、ピアストリが加入する可能性が高いと思われていた。しかしピアストリがマクラーレンに行くならば、一体誰になるのか? ウイリアムズ育成のローガン・サージェント(現在F2参戦中)や、ニック・デ・フリーズ(フォーミュラE参戦中)らの名が挙がっている。

■アルファロメオ
 ◎バルテリ・ボッタス(2022年から複数年契約)
 △周冠宇(2022年限り?)

 今季からアルファロメオに加入したボッタスは、複数年契約を締結済み。しかし周は1年契約であり、来季に関しては未定である。とはいえ、F1のみならず中国での市販車PRを考えれば、周の存在はアルファロメオにとって重要なはず。速さも見せ始めているので、契約延長は規定路線か?

■ハース
 ◎ケビン・マグヌッセン(2022年から複数年)
 ○ミック・シューマッハー(2022年限り?)

 急遽今シーズンからハースに復帰したマグヌッセンは、今季から複数年契約を締結している。一方シューマッハーの契約は今季限りで、フェラーリの育成ドライバー枠から外れるという噂もあったため、一時はベッテルの後任としてアストンマーチン入りする可能性もあるのではないかと言われた。その去就が注目される。

 
Read Also:

シェア
コメント
クアルタラロ、メルセデスF1テストドライブを目指す「もちろん走ってみたいよね!」
前の記事

クアルタラロ、メルセデスF1テストドライブを目指す「もちろん走ってみたいよね!」

次の記事

マクラーレン、既にリカルドに契約の早期解除を通達済み? 後任はピアストリでほぼ決まりか

マクラーレン、既にリカルドに契約の早期解除を通達済み? 後任はピアストリでほぼ決まりか