フェラーリF1、新車F1-75をフィオラノでシェイクダウン。ルクレール&サインツJr.がドライブ

フェラーリは、2022年用のF1ニューマシンF1-75をフィオラノ・サーキットでシェイクダウン。前日に発表されたのと同じ仕様と思われるマシンが15kmの制限付きながら走行した。

フェラーリF1、新車F1-75をフィオラノでシェイクダウン。ルクレール&サインツJr.がドライブ
Listen to this article

 フェラーリは2022年用のF1新車F1-75を、フィオラノ・サーキットで早速シェイクダウンした。

 2月17日にニューマシンF1-75を発表したフェラーリは、翌18日に早速シェイクダウン。舞台はフェラーリのテストコースでもあるフィオラノだ。

 この日の走行は、100kmの走行が許されているフィルミングデーではなく、チームの発表によれば「パートナーのために用意されたデモ走行」であり、走行距離は15kmに制限された。

 生憎の天候により、サーキットは濃い霧に包まれた。しかしながらサーキット周辺には、熱狂的なフェラーリファンが集まり、走行を見届けた。

 10時15分頃、シャルル・ルクレールがステアリングを握ってコースイン。その後カルロス・サインツJr.もステアリングを握ったようだ。

 公開された数枚の写真を見る限り、前日の発表会で披露されたマシンと同じ黒と濃い赤のカラーリング、そしてパッケージも同じ仕様であるようだ。つまり、アグレッシブな形状のサイドポンツーンは健在である。

 走行終了後、ドライバーふたりはサーキットに集まったファンの声援に応えた。

 なおフェラーリはこの後、2月22日にはスペインのカタルニア・サーキットでフィルミングデーを実施。そして翌日からは同地で最初のプレシーズンテストが3日間の日程で行なわれる。

 
Read Also:

シェア
コメント
F1新車”雑感”解説2022「メルセデスW13」:チャンピオン争いの大本命、ついに登場。しかし比較的オーソドックス?
前の記事

F1新車”雑感”解説2022「メルセデスW13」:チャンピオン争いの大本命、ついに登場。しかし比較的オーソドックス?

次の記事

COTAでのF1アメリカGP、2026年まで開催契約延長。年々加熱する米国でのF1人気

COTAでのF1アメリカGP、2026年まで開催契約延長。年々加熱する米国でのF1人気