F1 Haas F1 Team launch

ハースF1、リソース”全集中”のVF-22に高い期待。シュタイナー代表「再び戦えると確信」

2022年用ニューマシンVF-22のカラーリングを発表したハースF1。同チームは昨シーズン中の開発リソースを全て2022年向けに振り分けてきただけに、ランキング最下位からの脱却を目指し、大きな期待を抱いているようだ。

Haas VF-22

 ハースF1が、2022年用マシンのカラーリングを、先陣を切って発表した。発表されたレンダリングのマシンは、リヤウイングやノーズの形状などは、2022年からの新レギュレーションに準拠しているように見える。しかしながらチームは、”カラーリングを発表”としているため、2月23日からカタルニア・サーキットで開催されるプレシーズンテストには、全く異なるマシンが出てくるかもしれない。

 ハースは昨シーズン、マシンのアップデートをまったく行なわず、開発リソースをこの2022年用マシンVF-22に注ぎ込んできた。その効果がどのような形で出てくるのか、注目されている。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは、新車VF-22には大きな期待を抱いているようだ。

「VF-22がまもなくコースを走るということが分かった時点で、とてもワクワクする」

 シュタイナー代表はそう語った。

「我々は皆、チームに何ができるかということを理解している。過去にも、そしてこの新しいマシンでも、それを証明した」

「このマシンは、まったく新しいレギュレーションに合わせて、新しいデザインチームが生み出した。週末に、ふたたび戦えるようになるということをお見せできると、私は確信している」

「関係者全員が多大な努力をした。しかし今では、新しいマシンをサーキットに運び、全てのエレメントをつなぎ合わせるという、楽しい部分が近づいてきた。昨シーズンは長いシーズンだったが、2022年にはVF-22とともに、戦いの中に戻ってこれると確信している」

 ハースF1のテクニカルディレクターであるシモーネ・レスタは、2022年マシンVF-22について「これまでチームが取り組んだ中で、おそらくもっとも複雑なプロジェクト」であると語った。

「まったく新しいレギュレーションであり、今シーズンに向けてはVF-22の作製をマネジメントするために、新しいチームを導入した」

 そうレスタは語る。

「誰もが新加入というわけではない。しかしかなりの数の人たちが、構造を変更するために参加した。私はこのプロセスは大成功だと考えている」

「まだプロジェクトの初期段階にあり、これからシーズンを通じて、このマシンについて働いていく。しかし我々がスタートしたポジションを考えると、このチームはすでに成功していると思う」

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ハースF1、2022年マシン『VF-22』のカラーリング発表。リソース”全集中”の成果はいかに?
次の記事 アルファタウリ、新車「AT03」の火入れ動画を公開! 正式発表は14日(月)予定

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本