2チームが予算上限超過のウワサ……F1 2021年シーズンの最終結果は10月5日に公表。重度の違反では選手権除外も

F1パドックでは、予算制限下の2021年シーズンにおいて2チームがレギュレーションに違反しているというウワサが出回っているが、予算制限が遵守されたかどうかは来週にも明らかになるようだ。

2チームが予算上限超過のウワサ……F1 2021年シーズンの最終結果は10月5日に公表。重度の違反では選手権除外も
Listen to this article

 1億4500万ドル(約210億円)という予算制限レギュレーションの下、全10チームがシーズンを戦った2021年のF1。motorsport.comの調べでは、FIAは2021年シーズンの会計分析が完了し、この件に関する正式文書を発行する準備が整ったとチームに通達したという。ただF1パドック内では、10チーム中2チームが予算制限をオーバーしたというウワサが囁かれている。

 予算制限レギュレーションを管理するプロセスの一環として、予算上限を下回っていたチームには10月5日に遵守証明書がFIAから発行される。その一方で、超過したと判断されたチームには追加審理を経た上でレギュレーションで定められている罰則が下されることとなっている。

 F1の財務レギュレーション第6章11条に「遵守証明書を発行する予算制限管理部門の決定に、F1チームが上訴する権利はないものとする」と記されている通り、10月5日に発行されるFIAの証明書は、最終的な会計報告となる。

 FIA側は予算制限レギュレーションに違反したチームの有無についてコメントしていない。しかしパドック内の複数の情報筋は、ふたつのチームがこれに違反し、遵守証明書が発行されない恐れがあると指摘している。

 あるチームは軽度の超過、もう一方は深刻な違反であると考えられている。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB18, Lance Stroll, Aston Martin AMR22, Charles Leclerc, Ferrari F1-75

Max Verstappen, Red Bull Racing RB18, Lance Stroll, Aston Martin AMR22, Charles Leclerc, Ferrari F1-75

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

 関係者は、その2チームがアストンマーチンとレッドブルであると指摘しているが、両チームともこの件に関しては口を閉ざしている。

 レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表はmotorsport.comの取材に対してコメントを拒否。アストンマーチンは「我々は2021年の報告書を提出した。FIAとは協議中で、認証を待っているところだ」と言うに留まっている。

 昨年の会計情報について疑惑が広まる中、FIAは「この問題は追って対処する」と述べている。

「FIAは現在、全F1チームから提出された2021年の財務データの査定を終えた段階だ。予算レギュレーション違反の疑いがある場合は、レギュレーションに定められた通りの正式なプロセスに従い、追って対処される」

 FIAの広報担当者はそう述べている。

 レギュレーションで定められた罰則には、様々なオプションが用意されている。

 5%未満の軽度な超過の場合は、公的戒告やコンストラクターズ選手権ポイントもしくはドライバーズ選手権ポイントの減点、レース除外、空力テストの制限、罰金などのペナルティがある。

 5%以上のオーバーにより「重大な支出超過」とみなされる場合は、さらに厳しい制裁が科されることになる。ここには、ドライバーズ及びコンストラクターズ選手権ポイントの剥奪やレース出場停止、選手権自体からの除外、空力テストの制限や将来的な予算上限引き下げなどが含まれている。

 
Read Also:

シェア
コメント
フェラーリがFP2ワンツーも、タイトル争う3人は消化不良。角田裕毅はトラブルでアタックできず|F1シンガポールGP
前の記事

フェラーリがFP2ワンツーも、タイトル争う3人は消化不良。角田裕毅はトラブルでアタックできず|F1シンガポールGP

次の記事

予算”違反”疑惑のレッドブルは動じず。ホーナー代表「1年目だし、監査に未熟なところもあるだろう」

予算”違反”疑惑のレッドブルは動じず。ホーナー代表「1年目だし、監査に未熟なところもあるだろう」