角田裕毅、テスト3日目に僅差の2番手タイム。「最高の気分。開幕戦にワクワクしている」

F1プレシーズンテスト3日目に総合2番手タイムを記録した角田裕毅。彼は走行を振り返ると「最高の気分」と語り、2週間後に迫る開幕戦へ向け準備を続けていくと語った。

角田裕毅、テスト3日目に僅差の2番手タイム。「最高の気分。開幕戦にワクワクしている」

 今季F1へアルファタウリからデビューを果たす角田裕毅。彼は3月12〜14日にかけて行なわれたプレシーズンテストで大きな存在感を示した。

 テスト3日目、角田は午後のセッションに登場し91周と多くの周回をこなした。そしてセッション終盤にはソフトタイヤを使用したアタックラップも実施。最終的にトップのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)から0.093秒差の2番手タイムでテストを締めくくった。

 角田は「F1マシンで全開アタックをして2番手に入るというのは、最高の気分です」とプレスリリースにコメント。

 3日間のテストで多くのことを学べたと語っており、2週間後に迫る開幕戦バーレーンGPに向け更に準備を進めていくと意気込みを見せた。

「もちろん、まだテストに過ぎないので先走ってはいけませんが、この位置で3日間を締めくくれるというのは素晴らしいことです」

「この数日で非常に多くを学びましたし、チームも多くの有用なデータを収集できましたので、開幕に向けてしっかりと分析していきます。このテストでかなりの周回を走り込んでコースをよく理解できているので、ここで開幕戦を迎えられることはとてもいいことだと思います」

「いくつか小さな問題はありましたが、僕らはすべてを明らかにするためにテストをしているわけで、こうしたことも想定内です。レース本番では、現状でベストのパッケージを用意できるはずです。ここから2週間ハードワークを継続していきます。今から開幕戦にワクワクしています!」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデスF1、開幕まで粉骨砕身の日々?「データ上ではレッドブルに及ばない」

前の記事

メルセデスF1、開幕まで粉骨砕身の日々?「データ上ではレッドブルに及ばない」

次の記事

ベッテル、トラブル続発でしっかり走り込めず「若い頃だったらパニックになっていたはず」

ベッテル、トラブル続発でしっかり走り込めず「若い頃だったらパニックになっていたはず」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント Bahrain March testing