F1スペインGP予選:ハミルトン、通算100ポールポジションの偉業達成。フェルスタッペン及ばず2番手、角田Q1敗退

F1スペインGPの予選が行なわれ、メルセデスのルイス・ハミルトンがキャリア通算100回目となるポールポジションを獲得した。角田裕毅はQ1敗退の16番手に終わった。

F1スペインGP予選:ハミルトン、通算100ポールポジションの偉業達成。フェルスタッペン及ばず2番手、角田Q1敗退

 F1第4戦スペインGPの予選がカタルニア・サーキットで行なわれた。ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。前人未到となるF1通算100回目のポールポジションとなった。

 今季はコロナ禍の影響で実施されなかったものの、ここカタルニア・サーキットはプレシーズンテストの開催地の定番であり、各チーム豊富なデータを持ち合わせている。近年は各車のラップタイム差が小さい傾向にあるが、ここではその傾向がさらに顕著。土曜午前に行なわれたFP3ではコンマ3秒差以内に10台がひしめくなど、大混戦が予想される中で予選を迎えた。

 予選Q1はターン9にあるバリアのチェックのため、10分ディレイで開始された。メルセデス勢だけがミディアムタイヤを履いてコースインし、バルテリ・ボッタスが1分18秒005でまずトップに。マックス・フェルスタッペン(レッドブル)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)が続く形でセッション折り返しとなった。

 Q1終盤のアタック合戦は、Q2進出を目指すマシンの多くが団子状態となり、少しずつ間隔をあけながらタイム計測に入っていった。この時点で12番手だった角田裕毅(アルファタウリ)は、集団の先頭につけてアタックを行ない、1分18秒556をマーク。10番手に上がった。しかし、後続のドライバーが次々とそのタイムを上回っていき、角田はタイムシートの下方に追いやられていった。最終的に角田の順位は16番手。15番手のアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)からわずか0.007秒という差でノックアウトされてしまった。角田はアタック中にダートにタイヤを落としてしまう場面があり、タイムロスがあったようだ。

 Q1のトップタイムは1分17秒821をマークしたランド・ノリス(マクラーレン)。Q1敗退は角田、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、ミック・シューマッハー(ハース)、ニコラス・ラティフィ(ウイリアムズ)、ニキータ・マゼピン(ハース)の5台だった。

 Q2最初のアタックではジョビナッツィを除く14台がソフトタイヤを履いた。ここで圧倒的な速さを見せたのがフェルスタッペン。1分16秒922というタイムを叩き出し、2番手ボッタスにコンマ4秒、3番手ハミルトンにコンマ7秒の差をつけてみせた。

 フェルスタッペンとジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)以外の13台がセッション終盤に最後のアタックに向かったが、選択したタイヤはいずれもソフト。セルジオ・ペレス(レッドブル)やサインツJr.がタイムを上げてQ3進出を確実とする中、ガスリーがタイムを伸ばせず12番手でQ2敗退に終わった。

 メルセデスの2台は最後のアタックでタイムを伸ばすも、それでもフェルスタッペンにはコンマ2秒届かず。Q2敗退はランス・ストロール(アストンマーチン)、ガスリー、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、ジョビナッツィ、ラッセル。Q3にはメルセデス、レッドブル、マクラーレン、フェラーリ、アルピーヌの5チーム10台が残った。

 ポールポジションを決するQ3の最初のアタックでは、“3強”が1分16秒台の驚異的なラップを叩き出した。ハミルトンが1分16秒741でトップに立つと、そのすぐ後ろにいたフェルスタッペンは1分16秒777でわずかに及ばず。ボッタスは1分16秒873で3番手だった。なお、ペレスはターン13手前のグラベルに足をとられてスピンしてしまった。

 最後のアタックで上位3台はタイムを更新できず。ハミルトンが前人未到の通算100回目となるポールポジションを獲得した。2番手フェルスタッペン、3番手ボッタスと続き、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が4番手で2列目グリッドを確保した。ペレスは結局8番手。アタック1回目でのスピンが響き、不本意なグリッドからのスタートとなった。

 

Read Also:

順位 ドライバー タイム 平均速度
1 United Kingdom ルイス ハミルトン 1'16.741   218.370
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 1'16.777 0.036 218.268
3 Finland バルテリ ボッタス 1'16.873 0.132 217.995
4 Monaco シャルル ルクレール 1'17.510 0.769 216.204
5 France エステバン オコン 1'17.580 0.839 216.009
6 Spain カルロス サインツ Jr. 1'17.620 0.879 215.897
7 Australia ダニエル リカルド 1'17.622 0.881 215.892
8 Mexico セルジオ ペレス 1'17.701 0.960 215.672
9 United Kingdom ランド ノリス 1'18.010 1.269 214.818
10 Spain フェルナンド アロンソ 1'18.147 1.406 214.442
シェア
コメント
レッドブルのペレス、予選8番手に沈んだ原因は肩の不調か「決勝では100%の状態に戻れるはず」
前の記事

レッドブルのペレス、予選8番手に沈んだ原因は肩の不調か「決勝では100%の状態に戻れるはず」

次の記事

メルセデスのハミルトン&ボッタス「ミディアムタイヤスタートにメリットなし」予選Q2の戦略を説明

メルセデスのハミルトン&ボッタス「ミディアムタイヤスタートにメリットなし」予選Q2の戦略を説明
コメントを読み込む