F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days
ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】
トピックス

ジョルジョ・ピオラ【F1メカ解説】

F1メカ解説|メルセデス、アルファタウリなどがハンガリーに持ち込んだアップデート

シェア
コメント
F1メカ解説|メルセデス、アルファタウリなどがハンガリーに持ち込んだアップデート
執筆:
, Featured writer
協力: Matthew Somerfield

開幕が遅れに遅れた2020年のF1。しかし始まってみれば、あっという間に3レースを消化。各チームがその間に、マシンにアップデートを施してきた。ここではメルセデス、マクラーレン、アルファタウリ、レーシングポイントのそれを見てみることにしよう。

■メルセデス

 思い起こしてみれば、メルセデスは2020年シーズンの開幕戦オーストリアGP決勝で、トラブルに見舞われた。攻撃的な縁石により引き起こされた振動が、センサーにトラブルを引き起こしたのだ。チームはなんとかこれをマネジメントして後続の攻撃を抑え、バルテリ・ボッタスが優勝を果たした。ある意味、辛勝だったと言える。

 しかし、ハンガリーGPでは盤石の走りを披露。開幕戦での苦しみは、遠い過去の思い出のようだ。

 縁石の振動に対処するため、実はメルセデスは数多くの変更を加えてきた。これは第2戦シュタイアーマルクGPに間に合い、トラブルの可能性を減少させることができた。

 問題の原因となっていたのは、新しいリヤサスペンションジオメトリだった。ロワウイッシュボーンの前脚は以前よりも高い位置に配置され、後脚(メイン写真の赤い矢印の部分)は通常よりもはるかに後方に配置されている。この斬新なレイアウトによる負荷や振動により、ギヤボックスセンサーに干渉するノイズが発生したと考えられている。

 再発を防ぐため、チームはシールドを追加したり、影響を受けた電気配線の移動など、多くの変更を加えてきた。

Read Also:


■マクラーレン

McLaren MCL35 t-wing

McLaren MCL35 t-wing

Photo by: Giorgio Piola

 マクラーレンは、様々なアップグレードをハンガリーGPに持ち込んだ。これによりダウンフォース量を増やし、冷却効率を改善することを目指した。これらのパーツは、プレシーズンテストやオーストリア2連戦のフリー走行などで試されていた。これには、2重になったTウイングや、冷却口の上部にフラップが取り付けられるなどしていた。

 Tウイングは、金属製のステーによって、外縁部で互いに接続されている。これにより、Tウイングがそれぞれに動き回り、乱れた気流を生み出すことを極力避けるようにしている。

 マシン後部の冷却口の上に取り付けられたフラップは、ガーニーフラップのように機能。局部的にダウンフォースを生み出すだけでなく、エンジンカバーの冷却口から、加熱された気流を引き出すのにも役立つ。

 なおマクラーレンは、シュタイアーマルクGPで試した別のソリューションを実際に使わないことを決めた。これはフロアのすぐ上、リヤタイヤの前に付けられたフラップであり、今シーズンフェラーリが使っているソリューションに似ている。

From the editor, also read:


■アルファタウリ

AlphaTauri AT01 t-wing

AlphaTauri AT01 t-wing

Photo by: Giorgio Piola

 アルファタウリは、集団との差を縮めるのではなく、パフォーマンスがどこに隠されているのか、そのポケットを探しているようだ。

 メルセデスは、ふたつのリヤウイングを用意している。ひとつはステーが1本のモノ、そしてもうひとつは2本のモノである。しかしアルファタウリは、1本ステーのリヤウイングだけを用意している。これは重量と空力性能に影響を与える決定である。

 またエキゾーストの上部には、小型のウイングが追加されている。

Read Also:


■レーシングポイント

Racing Point RP20 front brake drum

Racing Point RP20 front brake drum

Photo by: Giorgio Piola

Mercedes AMG F1 W10, front brake

Mercedes AMG F1 W10, front brake

Photo by: Giorgio Piola

 レーシングポイントの今季マシンRP20に関する議論は、激化の一途を辿っている。ルノーは、シュタイアーマルクGPのみならずハンガリーGPでもレーシングポイントに対する抗議を提出したため、もしレギュレーション違反が認定され、有罪となった場合には、この2レースで彼らが獲得したポイントを失うことになるだろう。

 ルノーがレギュレーション違反だと指摘しているのは、マシン全体のことではない。確かにRP20の外見は、昨年型のメルセデスW10と酷似している。しかしルノーは、ブレーキダクトが昨年型のメルセデスからのコピーだと主張しているのだ。

 左のイラストが今年のレーシングポイント、右が昨年のメルセデスである。両者がよく似ているのが、お分かりいただけるだろう。これが本当にコピーされたモノなのかどうか、それは内部の構造まで似ているのかどうか、それも非常に重要になってくる。

Read Also:

ノリス、撤収作業を手伝ったのは今回が初じゃない?「これまでにも度々やってきた」

前の記事

ノリス、撤収作業を手伝ったのは今回が初じゃない?「これまでにも度々やってきた」

次の記事

14年ぶりにF1に復活したイモラ、2021年の開催にも意欲「我々の意思は明確」

14年ぶりにF1に復活したイモラ、2021年の開催にも意欲「我々の意思は明確」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ハンガリーGP
チーム マクラーレン , メルセデス , アルファタウリ・ホンダ , Racing Point
執筆者 Giorgio Piola