F1、スプリントレース実施は”特別なレース”のみ?「試験導入が成功しても、全レース実施はない」

試験的にスプリントレースを導入することが決まったF1。実験が成功に終わっても、将来的に全レースでこのフォーマットを採用する可能性は低いという。

F1、スプリントレース実施は”特別なレース”のみ?「試験導入が成功しても、全レース実施はない」

 4月26日(月)に行なわれたF1委員会で、予選スプリントレースの試験的な実施が全会一致で決まった。これにより、F1は今シーズン中に3つのグランプリで予選スプリントレースを行ない、このフォーマットがF1に適しているのかどうかを確認することになった。

 現在、スプリントレースは7月にシルバーストンで開催される第10戦イギリスGP、9月にモンツァで開催される第14戦イタリアGPで行なわれる予定になっている他、最後の1回はフライアウェイのレースのどこかで行なわれるようだ。

Read Also:

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、スプリントレースがファンやプロモーターに受け入れられることを期待する一方、このフォーマットを全グランプリで恒久的に行なうことはないとコメント。2022年もスプリントレースを実施することが決まった場合、特別に選ばれたグランプリでのみ実施することになるだろうと示唆した。

「このフォーマットがモナコで成功するかどうかは確信が持てない」と、ブラウンはF1公式サイトに語った。

「我々はそうした(スプリントレースが行なわれる)週末が”グランドスラム”イベントになると考えている。それをシーズン全体に広げるのは、何か違う」

「それがシーズンを通じて行なわれるとは思わない。限られた数のレースになると思うが、それはまだ決まっていない」

 チームやF1、FIAは満場一致でスプリントレースの実施を決めたが、ファンの間では良いアイデアかどうか意見が分かれている。

 ブラウンは、予選スプリントレースがF1にとって良いことだと確信しており、チームとドライバー双方にとって適した解決策を見つけることが重要だったと語った。

「挑戦のひとつは、メインイベントの価値を損なうことなく、金曜日と土曜日にエキサイティングな走行が見られるような、適切なバランスのフォーマットを見つけることだった」

「そのバランスを見つけなければならなかった。それについては誰もが異なる意見を持っていた。チームに大きな影響を与えないような経済的・物流的な解決策を見つける必要もあった」

「彼らはこのイベント(スプリントレース)を望んでいるが、その実現に向けては大きな課題を抱えていた。彼らと協力してイベントの価値を損なうことのない解決策を見つけなければならなかった」

「ドライバーたちがこのフォーマットを受け入れてくれている。我々はこのフォーマットを評価し、今後のF1の特徴にするかどうかを決める。もしうまくいかなければ、もう一度考えてみよう」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
カラム・アイロット、アルファロメオF1のリザーブドライバー就任。ポルトガルGPのFP1で早速ドライブへ

前の記事

カラム・アイロット、アルファロメオF1のリザーブドライバー就任。ポルトガルGPのFP1で早速ドライブへ

次の記事

フェラーリ、中団争いの主導権を握れるか? サインツ「僕たちに合ったコースなら、マクラーレンを倒せる」

フェラーリ、中団争いの主導権を握れるか? サインツ「僕たちに合ったコースなら、マクラーレンを倒せる」
コメントを読み込む