アロンソが出られるなら……サインツJr.もアブダビ若手ドライバーテスト参加を熱望

フェラーリは、アブダビGP後に行なわれる”若手ドライバーテスト”にカルロス・サインツJr.の参加が認められるよう働きかけているようだ。

アロンソが出られるなら……サインツJr.もアブダビ若手ドライバーテスト参加を熱望

 F1最終戦アブダビGP後に実施される予定の若手ドライバーテストは、F1レースの出走経験が2戦未満の若手ドライバーだけが出走できるはずだった。しかしルノーの働きかけにより、FIAは今季レースに出場しなかったドライバーのテスト参加を事実上認める形になった。

 これにより、ルノーから来季F1に復帰するフェルナンド・アロンソがテストに参加。また、レッドブルはセバスチャン・ブエミ、アルファロメオはロバート・クビサをマシンに乗せると見られている。

Read Also:

 ルノーのマネージングディレクターであるシリル・アビテブールは、2台目のマシンには周冠宇を乗せると認め、チームが若手ドライバーを一貫してサポートしてきたことが、FIAからアロンソのテスト参加の承認を得るのに役立ったと語った。

「テスト計画を受け入れてくれたFIAとF1に感謝したい」

「ジュニアモータースポーツにおける若手ドライバーへの我々の支援と、若手のキャリアアップに貢献してきたフェルナンドの献身的な姿勢が評価されたんだ」

「周は昨年ルノー・スポール・アカデミーに参加し、その恩恵を受けてきた。彼は熱心に働き、シミュレータやテストプログラムでの仕事を通じてチームのパフォーマンスに真摯に貢献してきた。彼がR.S.20をドライブして、これまでの彼の旅を補完できることを嬉しく思っている」

「フェルナンドにとっては、これが復帰への次のステップとなるだろう。彼は2021年に向けて可能な限りの準備ができていることを確認するために、疲れを知らずに働いてきた。彼はチームだけでなく、ファンやスポーツにも貢献したいと思っている」

 ルノーがアロンソを2020年のマシンに乗せてテストをすることで、アドバンテージを得られると考えているライバルにとって、FIAの決定は歓迎できるモノではないだろう。

 これまでのところ、2020年のグランプリに出走したドライバーのテスト参加は認められていないが、どうやらフェラーリは来季チームに移籍してくるカルロス・サインツJr.をテストに参加させたいと考え、FIAへの働きかけをしているようだ。

 現在はマクラーレンに所属しているサインツJr.だが、最終戦が終われば契約上フリーになるようで、フェラーリがテスト参加の許可をFIAから得れば、サインツJr.はフェラーリのマシンに乗ることができると見られる。

 テストでは1チーム2台のマシンを使用することが認められており、フェラーリはフェラーリ育成ドライバーのロバート・シュバルツマン、普段マラネロでシミュレータを担当しているアントニオ・フオッコの起用を予定していた。フェラーリの育成ドライバーであるミック・シューマッハーとカラム・アイロットもそれぞれハース、アルファロメオからテストに参加する予定だ。

 フオッコのテスト起用は、彼に実車のスピードに慣れる機会を与えるという目的のためであり、サインツJr.のテスト参加が可能となった場合、フオッコのテスト参加はなくなるだろう。

「フェラーリのためにテストをしたいと思っている」と、サインツJr.は語った。

「今、FIAがルーキーでも若手でもないドライバーにもテストの手を差し伸べていることは周知の事実だと思う。でもなぜFIAがすべてのドライバーに手を差し伸べないのか、僕には分からない」

「個人的には、若手ドライバーからシートを奪いたくはない。もし僕がテストに参加しても、カラムやミック、ロバート・シュバルツマンはテストができるはずだ。彼らにテストをさせたくないわけじゃない」

「フェラーリは今、若手ドライバーを最もサポートしているチームのひとつだと思う。でもそれは、僕がテストに参加すべきでない理由だとは思わない。正直どうなるか分からないし、FIAの判断も分からない。でも、僕が言えるのは、出来る限りのことはやってみるということだ」

 どんなプロセスが進行中なのかと訊かれると、サインツJr.は「何をしようとしているか、言うつもりはない。でも、アブダビでのテストには喜んで参加すると言える。契約的にも、問題はないしね」と答えた。

 サインツJr.が移籍し、新たにルノーからダニエル・リカルドを迎えるマクラーレンは、この若手ドライバーテストには参加しない予定だった。仮に予定を変更しテストに参加したとしても、リカルドはルノーとの契約が残っているため、アブダビでのテストでは走れないという。

「僕としては参加するつもりは無かった」と、リカルドは語った。

「だから、個人的にも損をしたとは思っていないよ。だって僕にできることはなかったからね」

「フェルナンドは間違いなく今も健康で、身体を維持していると思う。身体を絞っているし、若く見える。だから肉眼で見たら、若手ドライバーで通じると思うよ!」

Read Also:

シェア
コメント
たとえハミルトンがいなくても……フェルスタッペン「メルセデスを倒すのは難しい」

前の記事

たとえハミルトンがいなくても……フェルスタッペン「メルセデスを倒すのは難しい」

次の記事

F1チケット掴んだエイトケン、ラッセル代役説知り“即”チームに電話したと明かす

F1チケット掴んだエイトケン、ラッセル代役説知り“即”チームに電話したと明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr.
チーム フェラーリ
執筆者 Adam Cooper