フェラーリ、マクラーレンと激しく21年ランキング3位を争うも、2022年用開発に妥協なし

フェラーリは、2021年シーズンにマクラーレンと激しいランキング3位争いを繰り広げたものの、新レギュレーションが導入される2022年用ニューマシンの開発には一切の妥協をしなかったという。

フェラーリ、マクラーレンと激しく21年ランキング3位を争うも、2022年用開発に妥協なし

 フェラーリF1は2021年、マクラーレンと激しいコンストラクターズランキング3位争いを繰り広げた。

 しかしシーズン終盤にはハイブリッドシステムをアップデートしたことが功を奏してパフォーマンスを向上させ、さらにマクラーレンが失速したこともあり、47.5ポイントの差をつけてランキング3位を手にした。

 2020年にはランキング6位と低迷したフェラーリ。彼らは本当の“復活の年”は新レギュレーションが導入される2022年と位置づけ、2021年シーズンを通じて、開発の重点は2022年用マシンだと語ってきた。

 スポーティングディレクターのローレン・メキーズは、マクラーレンとのランキング3位争いが僅差であっても、2021年用マシンSF21の開発に集中することを検討したことは、一度もなかったと説明する。

「その問いに関する答えはノーだ」

 メキーズはアブダビGPの際にそう語った。

「我々は、非常に早い段階から、それを明確にしてきたと思う。我々は、開発の重点を2022年に向けるということを決断したのだ」

「シーズン序盤は、マクラーレンからはかなり離れていた。しかし、最終的にはランキング3位争いができることを期待していたんだ」

「ただ、我々は2022年に向けた妥協を一切しないことを選択した。それが、現時点でお答えできる、最も明確なことだ」

「我々はそれについて、もう25回も尋ねられた。でも今年の後半に我々が行なった唯一の開発は、ハイブリッドに関するモノだった。これもまた、来年も使うモノだ」

 フェラーリは9月に行なわれたロシアGPで、アップグレードしたハイブリッドシステムを導入した。これは、2022年に向けたパワーユニット大変更の一環として準備されたものだ。

 ただメキーズは、これがマクラーレンとのランキング3位争いが決着した要因になったとは考えていないという。

「ゲームチェンジャーであったと言えるようなモノは何もなかった」

 そうメキーズは語る。

「でも振り返ってみれば、差はとても小さかった。もしそれ(アップデートされたハイブリッドシステム)を持っていなかったのなら、コンマ1秒以下ではあろうが、後退していたかもしれない」

「争いはとても僅差だったから、シーズンの後半に見られた効果は、もっと重要なモノのように感じられたかもしれない」

「だから最終的にはその小さなアップデートが、マシンのポテンシャルの一部を、より有効なモノとして活用するのに役立ったかもしれない」

 
Read Also:

シェア
コメント
あの名シーンから知られざる裏側まで……やっぱり無線は面白い! 2021年F1チームラジオ傑作選
前の記事

あの名シーンから知られざる裏側まで……やっぱり無線は面白い! 2021年F1チームラジオ傑作選

次の記事

ベッテル、“愛弟子”シューマッハーは戦闘力に劣るマシンで「信じられない仕事をした」とルーキーシーズンに高評価

ベッテル、“愛弟子”シューマッハーは戦闘力に劣るマシンで「信じられない仕事をした」とルーキーシーズンに高評価
コメントを読み込む