F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

グロージャンの大事故を受け、バーレーンのターン3が一部修正。タイヤバリアが追加

FIAはF1バーレーンGPの1周目に起きたロマン・グロージャンのアクシデントを受け、ターン3のバリアを早急に修正した。

グロージャンの大事故を受け、バーレーンのターン3が一部修正。タイヤバリアが追加

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれたF1バーレーンGPでは、ハースのロマン・グロージャンが時速200キロを超えるスピードでターン3のバリアに衝突し、炎上するという大きな事故が起きた。これを受けて同サーキットは、バーレーンGPの1週間後に行なわれるサクヒールGPを前にバリアの修正を行なった。

 サクヒールGPはバーレーン・インターナショナル・サーキットの超高速レイアウト、“アウター・サーキット”で行なわれるが、このレイアウトにもターン3は含まれており、FIAは早急な対応を迫られた。

Read Also:

 今回の修正により、ターン3は従来のガードレールに加え、そのコース側にタイヤバリアとベルトコンベア状のバリアを設置する形に変更された。これにより衝突時の衝撃緩和が期待されるだけでなく、グロージャンの事故のようにモノコックがガードレールを貫通するといった事態も防ぐことができる。

 なお、バーレーンGPではグロージャンの事故の後、レース再開に向けて壊れたガードレールを取り除き、代わりに仮設のコンクリートブロックを設置する形で対処していたが、サクヒールGPに向けては当該箇所が再びガードレールに置き換えられ、そのコース側に前述のバリアが置かれている。

 今回修正が加えられたのはターン3だけではない。アウター・サーキットのターン9にもわずかな修正があった。このターン9は通常レイアウトのターン13に位置するコーナーで、最終コーナー手前のストレートへと向かっていくコーナーだ。

 そのターン9手前のイン側には縁石が設置されていたが、高速で進入するマシンが宙に浮いてしまう可能性を懸念して、これが撤去された。

 このような変更はFIAによるサーキットのホモロゲーション(承認)に影響を与えるため軽々しく行なわれるものではないが、状況に応じてそれを許可するための手続きも存在する。

 FIAはこれらの変更について以下のように声明を発している。

「先日バーレーンで行なわれたFIA F1世界選手権のイベントについて、FIAのF1レースディレクター、FIAのサーキット監査役、FIAの安全部門と調査をした結果、バーレーン・インターナショナル・アウター・サーキットで行なわれるサクヒールGPに先立ち、以下のような変更を加えることとなった」

「ターン3からターン4にかけての右側に、ベルトコンベアが付いた2列のタイヤを設置した。そしてターン9右側のバリアを延長し、ベルトコンベアが付いた4列のタイヤを設置した」

「ターン8からターン9にかけてのイン側の縁石は、アウター・サーキットのレイアウトが使用されている間はマシンが空中に浮いてしまうリスクがあるため、それを軽減するために取り除かれることとなった」

「これらはFIAのサーキットライセンス発行条件の第5条に沿ったものであり、バーレーン・インターナショナル・サーキットの全ての構成を対象としたFIAのグレード1ライセンスは有効である」

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーライセンス取得は不確実……ハース、マゼピンとの契約にはリスクもあった

前の記事

スーパーライセンス取得は不確実……ハース、マゼピンとの契約にはリスクもあった

次の記事

バンドーン、ハミルトンの代役に選ばれず”失望”も、メルセデスの決定を尊重

バンドーン、ハミルトンの代役に選ばれず”失望”も、メルセデスの決定を尊重
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント サクヒールGP
執筆者 Adam Cooper