F1 オーストリアGP

F1オーストリアGPでのペナルティ連発は防げたかも? 実は昨年時点でFIAがレッドブルリンクにグラベル設置を進言していた

今年のF1オーストリアGP決勝ではトラックリミット違反によるペナルティが相次いだが、FIAは昨年の時点で最終セクションにグラベルトラップを追加するようレッドブルリンク側に進言していた。

Yuki Tsunoda, AlphaTauri AT04, Lance Stroll, Aston Martin AMR23, Kevin Magnussen, Haas VF-23

 FIAレースディレクターであるニールス・ウィティヒは2022年オーストリアGP直後、舞台となったレッドブルリンク側に、最終セクションへグラベルトラップを設置するよう進言していた。

 この進言はサーキット代表に却下され、縁石とランオフエリアの配置はそのままで2023年大会を迎えた。しかしグランプリ中、トラックリミット違反の疑いが1,200件以上報告され、深夜にまで審議が及んだ末に決勝の最終順位が入れ替わった“前例のない”混乱を受けて、今後に向けてどう改善できるのかが問われている。

 そして、レッドブルリンク側がFIAの進言に従っていれば、トラックリミット違反の連発は回避できたのではないかという指摘がなされている。

関連ニュース:

 レッドブルリンクではレイアウトの特性上、トラックリミットが常に議論されてきた。

 これまでレッドブルリンクではソーセージ縁石が使用されることもあったものの、これが多くのアクシデントを引き起こしたため、安全上の懸念から廃止が決まった。

 しかし、ここ最近になってF1が白線をトラックリミットにする厳格なスタンスを採るようになったことで、下り坂の高速右コーナーとなっているターン9〜ターン10は簡単にトラックリミット違反を犯してしまうセクションとなった。

 2022年大会後、こうした問題も踏まえてレースディレクターのウィティヒがレッドブルリンク代表宛に書簡を送り、ターン9とターン10のデザインに手を加えるよう提案していた。

 その書簡の中でウィティヒは、当該コーナーに小さなグラベルトラップを追加し、トラックを逸脱しないよう物理的な抑止力として機能させるべきだと明確に指摘した。

 ただレッドブルリンクではMotoGPも開催されており、純粋なアスファルトのランオフエリアが望まれ、設計変更は複雑なモノとなるため、要望が実現することは無かった。

 しかし2023年大会の結果を受けて、FIAがレッドブルリンクに対し、2024年大会に向けて進言に従うよう圧力を強め、四輪レースと二輪レースの双方において有効な解決策を見つけるよう求めるのは間違いないだろう。

Max Verstappen, Red Bull Racing RB19

Max Verstappen, Red Bull Racing RB19

Photo by: Steven Tee / Motorsport Images

 レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、今年のオーストリアGPでペナルティが相次いだことでF1が“素人っぽく”見られると指摘した。

「グラベルを敷き詰めるなどして、あそこを走るのを思いとどまらせることが必要だ」とホーナーは言う。

「問題は、ドライバーにとって非常に難しいということだ。マシンに乗るドライバーは白線が見えないから、純粋に感覚で走ることになる」

「サーキットはトラックをはみ出しやすい設計になっている。ドライバーたちがサーキットのあの部分に引き寄せられないように、来年に向けてもっと抑止力を加えることを検討する必要がある」

 またホーナーは、MotoGPにとって有効的な解決策を見つける必要があるという課題を認めつつも、F1にとってより良い答えを出すことが不可欠だと語っている。

「議論は常にMotoGPに関するモノだが、私はF1にとって柔軟かつ有効なモノが必要だと思う」

 なおメルセデスAMG F1チームのトト・ウルフ代表も、改善の必要性を認識している。

「確かに、ファンや観客、そしてチームやドライバーにとっては、ペナルティが続くのは非常にフラストレーションが溜まることだ」とウルフは言う。

「ここにはふたつの解決策がある。ソーセージ縁石を戻して、ドライバーとマシンを壊すか。それか全体的にペナルティをなくして、最速のラインを走らせるか。これはニキ・ラウダが常に言っていたことだ」

「しかしサーキットと全関係者の利益のため、解決策を見つける必要がある。我々が達成したいのは同じことで、ペナルティに左右されない壮大なレースを求めている。ペナルティが与えられる場合でも、ルールに基づく正しい理由によって科されるのだ」

 
関連ニュース:

前の記事 アップデート効果てきめんで4位入賞のノリス。改良型のマクラーレンMCL60は速さが増すも、未だ「どこでもクラッシュしそうになる」
次の記事 メルセデス、躍進の兆しも束の間……F1オーストリアGPで“原因不明”の苦戦「フィーリングは昨年マシンと同じ」とハミルトン

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本