超高速サクヒール、予測される渋滞の取締は緩和せずとF1。タイミングが更に重要に?

F1第16戦サクヒールGPは1周の短い“オーバル型”レイアウトとなっていることで、予選時などは渋滞とスロー走行が予測されているが、レースディレクターのマイケル・マシは特に規制を緩和するつもりはないと語った。

超高速サクヒール、予測される渋滞の取締は緩和せずとF1。タイミングが更に重要に?

 バーレーン・インターナショナル・サーキットでの連戦となるF1第16戦サクヒールGP。ただコースレイアウトが前戦と異なり、全長3.5kmと短い“アウター・サーキット”を使用することとなっている。

Read Also:

 4つのストレートをコーナーで繋いだようなこのレイアウトでは、1周のラップタイムが53秒ほどとなることが予想されており、ドライバーたちは予選で複数回アタックを行なえる可能性がある。

 20人全員が出走するであろう予選Q1では最もコースが混雑することになるが、ドライバーたちがクリアラップを取ろうとすることも相まって、特に渋滞が発生するだろうと考えられている。

 こうした予測に対し、F1のレースディレクターであるマイケル・マシは、ルールを緩和することはなく、通常の妨害ルールが適用されるだろうと語った。

「フリー走行の最中、我々は大体にして(コース上の混雑に)寛大な見方をしている。それはそのセッションがフリー走行だからだ」

 マシはそう語る。

「だが予選時は、不必要な遅滞行為が行なわれた場合、我々はそのメリットについて、調査を行なうというのが標準となるだろう」

「私は短い1周だからといって、“誰かの邪魔にならないようにする”ということが必要なくなるとは思っていない」

 またマシはサクヒールGPがこれまでで最も周回を重ねるレースとなっても、特別な困難が生じることはないという認識を示した。

「間違いなく、猛烈に忙しいことになるだろう。そう言って差し支えない」と、マシ。

「周回数という面では最も長いグランプリとなるだろうね。言うまでもないが」

「速く、熱いラップになるだろうが、様子を見てみよう。ただ大体53秒から55秒ほどのタイムが予測されている。だからそういった意味では激しいモノになるのは間違いない」

「だがそれに対処するというのも良い挑戦だ。多くのチームと話したが、彼らも同じように考えていたよ」

 またマシは一部のドライバーが“攻撃性の高い”縁石について懸念を表明していることについては、それを退けた。

「縁石があり、確かに攻撃性の高い物もある。だがそれは多くのサーキットと同じことだ。いくつかのサーキットでは“超”攻撃的な縁石があるが、また別のサーキットでは攻撃性の低い縁石になっている」

「だがその内側にはレーストラックがある。(縁石は)トラックに留まらせることが狙いなんだ。過去、ドライバーは常にいろいろな種類の縁石を要求して、様々な部分で攻撃性の高い縁石をより求めてきた。縁石は彼らがランオフに飛び出すことを抑えているんだ」

 さらにマシは今週末もトラックリミット違反の監視はショートカットの面を重点的に行なっていくつもりだと語った。

「ここの性質から、トラックリミットはショートカットの方を監視することになるだろう」

「ワイドに走るのではなく、エイペックスの内側を走ることになる。ただ、金曜日のフリー走行でどうなるかを確認して、何を行なうべきかを見ることになるだろう。ここは誰にとっても経験のない全く新しい場所だからね」

 

Read Also:

シェア
コメント
【特集】千載一遇のチャンスで輝きを放った……代役F1ドライバーの活躍を振り返る

前の記事

【特集】千載一遇のチャンスで輝きを放った……代役F1ドライバーの活躍を振り返る

次の記事

ガスリー、バーレーン”超高速オーバル”には、”奇妙で攻撃的”な縁石が存在すると主張

ガスリー、バーレーン”超高速オーバル”には、”奇妙で攻撃的”な縁石が存在すると主張
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント サクヒールGP
執筆者 Adam Cooper