次世代F1はこうなる! 新規則導入の2022年マシン、フルサイズモデルが初公開

2022年のレギュレーション変更により、F1マシンは大きく変わる予定となっている。F1は第10戦イギリスGPを前にフルサイズの2022年マシンモデルを初公開した。

2022 F1 car
2022 F1 car
1/21

写真:: Liberty Media

20021 F1 car
20021 F1 car
2/21

写真:: Formula 1

20021 F1 car
20021 F1 car
3/21

写真:: Formula 1

20021 F1 car
20021 F1 car
4/21

写真:: Formula 1

20021 F1 car
20021 F1 car
5/21

写真:: Formula 1

20021 F1 car
20021 F1 car
6/21

写真:: Formula 1

Drivers group photo with the 2022 F1 car
Drivers group photo with the 2022 F1 car
7/21

写真:: Liberty Media

Drivers group photo with the 2022 F1 car
Drivers group photo with the 2022 F1 car
8/21

写真:: Liberty Media

2022 F1 car
2022 F1 car
9/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
10/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
11/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
12/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
13/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
14/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
15/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
16/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
17/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
18/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
19/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
20/21

写真:: Formula 1

2022 F1 car
2022 F1 car
21/21

写真:: Formula 1

 2022年に導入される新レギュレーションにより、マシンが一新される予定のF1。第10戦イギリスGPを前に、F1がフルサイズのマシンモデルを初公開した。

 各チームがすでに2022年マシンの開発を鋭意進めている中、F1自体も新しいルールに基づいて作られたマシンがどのようになるのかを解釈し、イギリスGP前の木曜日に、シルバーストンで発表した。

 フラットなノーズ、エアロカバーがついたホイール、エンドプレートと一体化されたフロントウイング、ユニークなコンセプトのリヤウイングなど、従来のマシンとは大きく異なる印象を受ける。

 新しいマシンの目的は、レースをより良くすること。特にオーバーテイクを改善することだ。乱流の影響を受けにくく、接近戦ができるマシンにするため、フロアはグラウンド・エフェクトを利用したデザインを採用し、ウイングをよりシンプルにしている。

 FIAのシングルシーター技術責任者であるニコラス・トンバジスは、このコンセプトが公開された当初、グラウンド・エフェクトが正しい解決法であると述べていた。

「我々はクルマ同士が近い距離で競い合い、よりエキサイティングなバトルができるようにしたいと考えている」

「そのためにはデグラデーションを起こさず、攻撃する側が短い間隔で攻撃できるようなタイヤが必要だ」

「現行のマシンよりもシンプルになっているのは、多くの小さな部品が取り除かれているからで、特にフロントウイングやサイドポッド前のエリアはよりシンプルになっている」

「マシンの真下にはベンチュリーチャネルタイプのディフューザーがある。サイドポッドの下には、前から後ろまでトンネルがある」

 シルバーストンで公開されたフルサイズモデルのデザインは、F1が新ルールを発表した2019年に初めて公開した風洞モデルと驚くほど似ている。

 しかし2022年の実際のマシンは、各チームがレギュレーションを活用し、よりパフォーマンスを最適化するべくデザインを追求しているため、異なるものになる可能性は十分にある。

 F1は当初、2021年から新規則を導入する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて導入されたコスト削減策の結果、2022年まで導入が延期された。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
マクラーレンCEOのザク・ブラウン、新型コロナに感染。イギリスGPは自宅からサポート
前の記事

マクラーレンCEOのザク・ブラウン、新型コロナに感染。イギリスGPは自宅からサポート

次の記事

FIAが次世代F1マシンに寄せる大きな期待。「F1にとって新たな文化の始まりになる」

FIAが次世代F1マシンに寄せる大きな期待。「F1にとって新たな文化の始まりになる」
コメントを読み込む