速報ニュース

レッドブル、来季ラインアップの決定はシーズン終了後?「時間をかけられる状況にある」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、他チームの来季シートが埋まっていることから、アレクサンダー・アルボンの将来を決める時間の猶予が生まれていると語った。

Alex Albon, Red Bull Racing RB16

 レッドブルは2021年シーズンに向けて、アレクサンダー・アルボンをチームに残すかどうか検討を続けている。

 9月の第9戦トスカーナGPで初表彰台を獲得したアルボンだが、第10戦ロシアGPで10位。その後ノーポイントが3レース続き、第14戦トルコGPでは7位。ドライバーズランキングでは9番手と、コンストラクターズランキング2位がほぼ確実なレッドブルにおいて、物足りない成績となっている。

 レッドブルは、来季アルボンがチームに残るためにはレースで結果を残し、シートの”所有権”を主張しなければならないと公言している。もしレッドブルがアルボンを解雇した場合、セルジオ・ペレスやニコ・ヒュルケンベルグといった、経験豊富ながら”就活中”のドライバーを起用することを検討しているという。

 とはいえ、レッドブルはアルボンをシーズン途中で解雇する可能性を否定。時間をかけてアルボンの評価を行なうとしている。

Read Also:

 来季ラインアップがまだ正式決定していないチームは少ない。しかし、ハースはF2参戦中のミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンのルーキーコンビになるとみられている。メルセデスはルイス・ハミルトンとの契約更新がまだだが、彼のチャンピオン獲得を待っているだけで、残留が既定路線だ。

 アルファタウリはピエール・ガスリーの残留を発表しており、レッドブル育成ドライバーの角田裕毅がF1デビューを果たす可能性が高いとみられている。

 つまりペレスやヒュルケンベルグといった有力ドライバーが来季のF1にフル参戦するためには、レッドブルの決断を待つ必要があるのだ。

 レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、アルボンの将来を取り巻く状況について訊かれ、他チームの来季シートがほぼ埋まっているという状況にあることから、時間をかける余裕があると語った。

「私がこれまでずっと言ってきたように、アレックスがシートの所有権を主張するところが見たいんだ。他のF1シートが埋まっているということが、違いに繋がっていると思う」

「我々は情報に基づいた決断を下すための時間を出来る限り稼ぐことができるし、アレックスにも出来る限りの時間とサポートを与えることができる。残りの3レースでどうなるか見てみよう」

 ホーナーは、来季のドライバーラインアップを決めるのに期限を設けるつもりはないと話した。

「特別なタイムスケジュールを設定してはいない」

「アレックスとの契約により、我々はシーズン終了後に決定を下すことができる。もちろん、他の選択肢があることは承知している」

「すでに言ったように他のチームのシートは全て確約されている。メルセデスを除いてね。ルイスが来季から我々のチームに加わることはおそらくないだろう。分からないけどね」

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F1のセーフティカー、来季からメルセデスとアストンマーチンが車両供給を”分担”?
次の記事 ”特殊”なトルコGPで大苦戦。ガスリー、パフォーマンス低下に「当惑」

Top Comments

最新ニュース

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ

F1 F1
元フェラーリF1代表のマッティア・ビノットがアウディF1に加入、プロジェクト責任者に。アンドレアス・ザイドルは離脱へ
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず

F1 F1
ハンガリーGP
海外F1記者の現場勘|レッドブル昇格が「角田裕毅のためになるとは思えない」アストン・ホンダが求めるドライバーになれるはず
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応

SF スーパーフォーミュラ
雨のスーパーフォーミュラSUGO戦でなぜアクシデントが多発したのか。複合的要因の考察とタイヤメーカー横浜ゴムに聞く今後の対応
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

F1 F1
ハンガリーGP
F1分析|角田裕毅の”誰にも真似できない”完璧なタイヤマネジメントでハンガリーGP入賞。優れた戦略と、少しの幸運も後押し

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本