グロージャン、2021年のF1最終戦は「心臓がバクバクだった」と振り返る……メルセデスでのF1テストは今年中に実施予定

元F1ドライバーのロマン・グロージャンは、F1の2021年シーズンの劇的な幕切れを気に入っていると語った他、当初予定されていたメルセデスでのF1テストが実施されることを期待している。

Romain Grosjean, Andretti Autosport

写真:: Joe Skibinski

 F1ドライバーとして10シーズンを戦い、10度表彰台に登った経験を持つ元F1ドライバーのロマン・グロージャン。2021年からは活躍の舞台をインディカ―へ移し、2022年からは名門アンドレッティ・オートスポートに移籍する。

 インディカ―のプレスカンファレンスに出席したグロージャンは、かつて同じグリッド上で戦ったルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)による昨シーズンのF1最終戦でのタイトル争いは「心臓がバクバクだった」と振り返った。

「最高だね!」とグロージャンは開口一番にそう語った。

「ワクワクしたし、心臓がバクバクだったよ。たった1周で、2台が世界チャンピオンを争うだなんて驚いたよ」

「でも、チャンピオンシップが1周で終わったと考えるのは間違った発想だと思う。シーズンを通して見れば、マックスはバクーではパンクを喫したし、ハンガリーではバルテリ・ボッタス(当時メルセデス/現アルファロメオ)が突っ込んだ。(ハミルトンとフェルスタッペンが接触した)シルバーストンでのレースもある。必ずしもフェルスタッペンの責任ではないが、最終的に彼がどれだけのポイントを失ったかを考えれば、彼はチャンピオンにふさわしい存在だったと思う」

「アブダビGPだけを取ってみれば、ルイスがチャンピオンに相応しい。最終ラップに関しては不運だったね。でも、一レースファンとしては、最終ラップは最高だったし観ていてとてもワクワクしたよ」

 またグロージャンは、残り1周でレースを再開しただけでなく、首位ハミルトンと2番手フェルスタッペンの間にいたバックマーカーのみをセーフティーカーの前に出させるという難しい判断を下したレースディレクターのマイケル・マシを擁護した。

「あそこには色々な見方がある」とグロージャンは言う。

「仮にタイトルが決まるラスト1周でアンラップさせずに、ルイスが一着、マックスが(ラップダウンの)4台後ろでゴールしていたら、それはとてもおかしなことだ」

「一方、ルイスにとってしてみれば決して良い判断ではなかった。だがひとりのファンとして、ひとりの視聴者としては、スポーツのためにマイケル・マシは正しい判断をしたと思う。セーフティーカー先導でタイトル争いの決着がつくのは良いとは思えないし、コース上で首位と2番手が数台分離れた状態でフィニッシュするのも好ましくない」

「僕はマックスよりもルイスを応援していたけど、『ああ、ルイスはシーズンの最後の最後で負けちゃったな』という感じだった。ルイスと同様に、マックスも素晴らしい仕事をやってのけた。でも、ふたりが一緒に(タイトル争いで)戦うのはとてもクールだったね」

 また、2020年シーズン終盤のバーレーンGP決勝で大炎上のクラッシュを喫し、F1キャリアラスト2レースを欠場したグロージャン。彼にF1走行の機会を与えようと、メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、グロージャンに2019年のチャンピオンマシン『メルセデスW10』でのデモ走行&テストをフランスGP前後に行なうと約束をしていた。

Romain Grosjean, Mercedes

Romain Grosjean, Mercedes

Photo by: Mercedes GP Petronas Formula One Team

Read Also:

 新型コロナウイルスの蔓延によるF1カレンダーの変更や渡航規制によるチームとグロージャンの厳しいスケジュールにより、2022年になった今も実現はしていないが、グロージャンは依然としてテストは実施可能だと言う。

「アブダビGP後に、僕はトトにメッセージを送ったんだ」と彼は言う。

「数週間置いて、またトトにメッセージを送ったら、返事が来たんだ。それで彼は『ありがとう』って最初に返信して、最後の文に『今年中に君をあのマシンに乗せる必要がある』って書いてあったんだ」

「そう、まだ約束は有効なんだ。去年は簡単には行かなかったし、今年のフランスGPは同じ週末にアイオワで(インディカ―の)レースがあるから行くことはできない。でもメルセデスは実現させたいと思っているし、僕もやりたいと思っている」

「首の筋肉が少し落ちてきているから、首がイッてしまうかもしれないけどね。(F1マシンでの走行が)どんなものかはパト(パトリシオ・オワード/アロー・マクラーレンSP)に聞いてみるといい」

「でも僕らはやりたいと思っているし、実現したら素晴らしいことだ。でも……今の主たる目標はアンドレッティでレースに勝つことだよ」

 
 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 「トップチームがF1を人質にしている」マクラーレンCEO、予算上限めぐるロビー活動を批判
次の記事 9連覇狙うメルセデスF1、2022年新車『W13』を2月18日に発表

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本