F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

新世代F1に向け、王者ハミルトンがピレリに“もっとマシなタイヤ”を要求

シェア
コメント
新世代F1に向け、王者ハミルトンがピレリに“もっとマシなタイヤ”を要求
執筆:

メルセデスのルイス・ハミルトンは、18インチタイヤが導入される2021年以降のタイヤは、もっと良い物が必要だと語った。

 現在F1にタイヤを供給しているピレリは、大きいデグラデーション(性能劣化)と繊細な特性について、ドライバーから度々不満を表明されてきた。

 2020年シーズンに向け、ピレリは新仕様のタイヤを開発していたが、昨年のタイヤテストでの評価は芳しくないものであり、結局チームが全会一致で2019年仕様のタイヤを継続して使うことを決定するに至った。

 ただ同じタイヤを使い続けるということは、年を追う毎に性能が改善されていくF1マシンに対応するために、ピレリはタイヤの内圧を上昇させることで対処する可能性が高いことも意味している。

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、2020年用に開発されていたタイヤに低評価を下すとともに、今後は大きな技術的な挑戦が必要となるだろうと語った。

「彼らの持ち込んだ2020年用のタイヤはひどいものだった」

「僕らにとっては、同じタイヤで新シーズンに向かった方がより簡単になる」

「彼らが更に空気圧を上げているという事実は、あまり素晴らしいとは言えない。なぜなら彼らは去年は良かったようだけど、確実に圧を上げすぎている」

「僕たちは常に、前進するパートナーそして最高のテクノロジーと共に取り組みたいと望んでいることを、明確にする必要があると思う」

「僕らは彼らにもっと上手くやろうと働きかけ続けているから、今年のタイヤも大丈夫だろう」

 昨年、FIA(国際自動車連盟)はピレリに対し新たな“ターゲットレター”を発行した。これは各コンパウンド間のパフォーマンスの違いや、レース中のピットストップ数などの望ましい数値の概略を示したものだ。

 またドライバー側からも、より影響を与えようとピレリ代表者との間で話し合いが持たれてきた。

 2021年からは18インチタイヤの導入が予定されているが、ハミルトンは特にタイヤの改良に焦点をあてる必要があると語っている。

「レースを改善する必要がある。そのためには乱流を減らし、より良いタイヤが必要だ。それがとても、とても重要な点なんだ」

「僕らはもう何年も、何年もタイヤのデグラデーションや熱による劣化について話してきた。そしてブラジルではピレリと会議室に詰めたけど、彼らはサーマルデグラデーションについて聞いたことがなかったというんだ。『それについては初めて聞いたよ!』ってね」

「彼らとのコミュニケーションをより良いものにしようと試みている。あのターゲットレターは誰が書いたのかは知らないけど、明らかに2020年に向けて良い仕事はしていなかった。でも2021年に向けて、より良い目標があり、それを彼らが達成できることを願っている」

 

Read Also:

ウイルスの脅威迫るF1開幕戦。アルファタウリ代表「全チームが参加できなければ不公平」

前の記事

ウイルスの脅威迫るF1開幕戦。アルファタウリ代表「全チームが参加できなければ不公平」

次の記事

F1オーストラリアGPのタイヤ選択発表。メルセデスが最大数のソフト持ち込み

F1オーストラリアGPのタイヤ選択発表。メルセデスが最大数のソフト持ち込み
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ルイス ハミルトン
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble