ハミルトンのメルセデス移籍には、ロス・ブラウンの存在が欠かせなかった

2020年のF1ドライバーズ王者を獲得し、史上最多タイ通算7回目の載冠を果たしたメルセデスのルイス・ハミルトン。大成功を収めた現チーム入りを果たす上では、ロス・ブラウンの説得が重要だったと語った。

ハミルトンのメルセデス移籍には、ロス・ブラウンの存在が欠かせなかった

 メルセデスのルイス・ハミルトンは、先日イスタンブールパーク・サーキットで開催されたF1トルコGPで優勝。2020年シーズンのドライバーズタイトル獲得を決めた。これにより、ミハエル・シューマッハーが持っていた7回という史上最多タイトル獲得記録に並ぶことになった。

Read Also:

 ハミルトンは2007年にマクラーレンからF1デビュー。2年目となる2008年に、初めてのドライバーズタイトルを獲得した。

 その後、2012年限りでマクラーレンを離脱。翌年からメルセデスに加わった。当時のメルセデスは定期的に勝てるようなチームではなく、ハミルトンの決断が疑問視される向きもあった。実際、2012年にはマクラーレンで4勝を挙げたハミルトンだったが、メルセデスでの1年目である2013年は、ハンガリーGPでの1勝に留まった。

 ただ、2014年にレギュレーションが大きく変更され、現行のV6ターボエンジン+ハイブリッドシステムのパワーユニットが導入されると、勢力図は一変。メルセデスは一躍常勝軍団となり、以後7年連続でダブルタイトル(ドライバーズ&コンストラクターズ)を獲得する存在となった。そのうち6回がハミルトンによるドライバーズタイトル獲得である(1回はニコ・ロズベルグによる載冠)。ハミルトンは、移籍は正しい決断だったと成績で示してみせたのだ。

 ハミルトンにメルセデス移籍を決断させたのは、チームの非常勤会長を務めていた故ニキ・ラウダの説得が大きかったと言われていた。しかし最近になってハミルトンは、ラウダの説得では確信が持てず、当時チーム代表を務めていたロス・ブラウンと話したことによって、ようやく移籍を決めたと明かした。

「モナコで、ニキと話をした。そして彼は移籍することについて僕に語った」

 ハミルトンは、メルセデス移籍を決断した時のことについて、そう振り返った。

「それについて話をしたのは、彼だったと思う。彼は『このチームに来なきゃいけないよ』というようなことを話していた」

「でも最初は、チームを移籍することについて確信が持てなかった。本当に説得力があったのは、ロスが僕の母親の家にやってきて、キッチンで話をした時のことだったと思う。僕らは一緒にお茶を飲み、そしてチームのプランがどのようなモノになっているのか、それを見せてくれた」

「そのプランは、チームが何を計画しているのか、そして彼がどんな変更を行なおうとしているのか、それが示されていた。それが、本当の意味でのセールスポイントになったんだ」

 ハミルトンがメルセデス移籍を最終的に決めたのは、2012年のシンガポールGPのことだったという。彼はそこでラウダと会い、契約の詳細について話し合ったのだ。そしてその5日後、契約締結が発表された。

 シンガポールでのラウダとの話し合いは、ハミルトンにとっては非常に重要なモノだったようだ。

「シンガポールでの話し合いで重要だったのは、ニキと僕に多くの共通点があるということに、お互いが気付いたということだったと思う」

 そうハミルトンは語った。

「それがニキとの友情の始まりだった。彼は僕に『君は私によく似ているよ』と言ったのを覚えている。それ以前には、あまり多くのことを話したことはなかった。だからその時、彼は考えている以上に共通点が多いことを、理解したんだと思う。それまでは思い込みと、いろんな人が書いた文章を鵜呑みにしていたんだ」

「何度も言うけど、7回もタイトルを獲得できるなんていうことは、僕の夢をはるかに超えていた。1回でも、チャンピオンを獲得するのは素晴らしいことだった。2位は、とても厳しい結果だった。僕はチームがチャンピオンシップを勝ち獲るために、何年も努力を続けてきたんだ」

「そして僕は、大きな決断をしなければいけなかった。チームに留まり、共に歩みを進めていくのか……それともチームを離脱し、もっと冒険的なことをするのか、それを決めなきゃいけなかったんだ。僕は信頼に基づいて賭けをした。そしてここにやってきたんだ」

「決断を下した時、良い決断を下したということは分かっていた。僕にとって正しいことだと分かっていたんだ。でも6度もタイトルを獲れるだなんて、それは思ってもみなかった」

「人生において、賭けをしなきゃいけないこともある。人々が言うことじゃなく、自分が正しいと思ったことを行ない、宿題を終えなきゃいけない。賛否両論あるだろうが、それを受け入れなきゃいけないんだ」

「それが良かったのか、悪かったのか……それに関わらず、全てを受け入れるべきなんだ」

Read Also:

シェア
コメント
一時は不安視されたラッセルの将来。しかしメルセデス代表「心配したことはない 」

前の記事

一時は不安視されたラッセルの将来。しかしメルセデス代表「心配したことはない 」

次の記事

好調フェラーリ、2021年の復活に期待。ビノット代表「好結果が支えになっている」

好調フェラーリ、2021年の復活に期待。ビノット代表「好結果が支えになっている」
コメントを読み込む