ハミルトン、自身の安否を気にせず立ち去ったフェルスタッペンには「驚いた」

ルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPでマックス・フェルスタッペンと接触した後、フェルスタッペンが自身の無事を確認せずに立ち去ったことは「驚くべきこと」だと語った。

ハミルトン、自身の安否を気にせず立ち去ったフェルスタッペンには「驚いた」

 F1イタリアGPの26周目、タイトルを争うマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)がまたも接触した。ピットアウトしたハミルトンがターン1に向けてイン側、そして後方から迫るフェルスタッペンがアウト側に位置していたが、ターン2に向けてイン側となったフェルスタッペンは縁石に乗り上げたことでコントロールを失い、ハミルトンのマシンに乗り上げるような形となった。

Read Also:

 ハミルトンは接触の際、フェルスタッペンのマシンの右リヤタイヤが頭に当たってしまったため、今でも首の痛みが残っており、専門家による治療が必要だと考えられている。

 ハミルトンは当時の状況を振り返り、接触した直後から首の痛みを感じていたことを明かし、さらにマシンを降りたフェルスタッペンが自身の無事を確認することなく立ち去ったことへの驚きを口にした。

「まさかマックスが縁石に乗ってコントロールを失い、僕に突っ込んでくるとは思わなかった」

「映像を見ると、それは一瞬の出来事だった。マシンに乗っている時は、(接触によって)どれだけのポジションを落としたかとか、そういったことだけを考えていた。まだレースモードだったんだ」

「少し痛みは感じながらも、『まだまだ行くぞ』という気持ちでいた。でも残念ながらマシンは動かなかった」

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B, and Lewis Hamilton, Mercedes W12, crash out

Max Verstappen, Red Bull Racing RB16B, and Lewis Hamilton, Mercedes W12, crash out

Photo by: Zak Mauger / Motorsport Images

「マックスがマシンを降り、歩いて立ち去るのを見た。少し驚いたよ。なぜなら、インシデントによってリタイアした時、普通ならまずはクラッシュした相手が無事かどうかを確認したいものだ。でも、僕は無事マシンから降りられたので良かった」

 またハミルトンは、クラッシュ直後は首の痛みがそれほど酷くなかったものの、後々になって痛みが強まっていったと語った。

「正直、少し痛みを感じている」

「あの時はアドレナリンが出ていた。でもアドレナリンを出し切った後は、少しずつ悪化しているような感じなんだ」

「でもアンジュ(カレン/トレーナー)と協力して治したいと思っている。今回はとても幸運だったと思う」

「最終的に僕と僕の首を守ってくれたHALOには感謝している。実際かなりの衝撃があったと思う。でもあの瞬間僕が考えていたのは、もう一度走り出せるかどうかということだった」

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス代表、ハミルトンとの接触は「フェルスタッペンの”戦術的”ファウルだった」と批判
前の記事

メルセデス代表、ハミルトンとの接触は「フェルスタッペンの”戦術的”ファウルだった」と批判

次の記事

リカルド、歓喜のメモリアル・ウィンに胸いっぱい「今回ばかりは言葉が出てこない」

リカルド、歓喜のメモリアル・ウィンに胸いっぱい「今回ばかりは言葉が出てこない」
コメントを読み込む