「もはや言い訳はできない」レッドブル重鎮、ホンダの改善に“プレッシャー”感じる

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、ホンダのパワーユニットがパワーを大きく増したことで、チームは2020年開幕から良いシャシーを用意するプレッシャーがあると述べた。

「もはや言い訳はできない」レッドブル重鎮、ホンダの改善に“プレッシャー”感じる

 2019年シーズンに、レッドブルはルノー製パワーユニットからホンダ製へと切り替えた。ホンダとの提携初年度はマックス・フェルスタッペンがシーズン3勝、ポールポジションを2回獲得するといったまずまずの結果を残した。

Read Also:

 そのため、ホンダと共に挑む2シーズン目となる2020年に向けて、レッドブルはタイトル争いを展開する、という見方も多くなった。なにより、2020年はフェルスタッペンが最年少F1チャンピオンとなるための最後のチャンスでも有る。

 レッドブルでモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、メルセデスに対抗できる強さを開幕から示せなかった場合、ポイント獲得争いで追いつくことはできないだろうという見方を示した。

「我々はチャンピオンシップを争いたいんだ。そうするためには序盤……つまり開幕戦からシャシーの面で競争力を得ている必要がある。それは自分たちも分かっているんだ」

 マルコはmotorsport.comのインタビューにそう答えた。

 2019年シーズンのレッドブルは、変更されたフロントウイングのレギュレーションへの対応に手間取った。

 彼らは第9戦オーストリアGPで導入したアップデートにより、マシンのパフォーマンスを大きく改善し、勝利することができた。だがレッドブルは開幕戦で3位表彰台を獲得したものの、優勝するまでは8レースも待たなければならなかった、とも言える。

 マルコは2019年の勝利数の目標として“5勝”を掲げていた。そして2020年に向けて、彼はそれよりも上の目標を設定しているようだ。

「ホンダは新シーズンに向けて良い伸びを見せている」と、マルコ博士は開幕の迫る2020年について語る。

「そして、これまでのところ全てに満足しているし、この先もそうだと思っている」

「つまり平たく言えば、我々はこれ以上言い訳はできない、ということだ」

 そして、2020年シーズンにレッドブルが何勝できるかについてマルコに尋ねると、彼は「5勝以上でなければいけないと思う」と答えた。

Read Also:

シェア
コメント
クビサ、BMWのカスタマーチームからDTMに参戦? スポンサーも関与か

前の記事

クビサ、BMWのカスタマーチームからDTMに参戦? スポンサーも関与か

次の記事

”リカルド加入のプレッシャー”から解放されたルノー。新加入オコンが新風吹き込む?

”リカルド加入のプレッシャー”から解放されたルノー。新加入オコンが新風吹き込む?
コメントを読み込む