ホンダF1、2021年のF1参戦継続を発表。レッドブル&トロロッソと契約延長

ホンダは、レッドブルとトロロッソとの契約を延長し、少なくとも2021年までF1に留まることを発表した。

ホンダF1、2021年のF1参戦継続を発表。レッドブル&トロロッソと契約延長

 ホンダは、パワーユニットを供給するレッドブルおよびトロロッソとの契約延長を発表。少なくとも2021年までF1参戦を継続することとなった。

 2019年からレッドブルとのパートナーシップをスタートさせ、2015年のF1復帰以来、もっとも成功したシーズンを過ごしているホンダ。来季もレッドブル&トロロッソと組んでF1に参戦することが決まっていたが、2021年以降もF1参戦を継続するためには、コストを削減する必要があるとホンダの山本雅史F1マネージングディレクターはmotorsport.comに語っていた。

「良い結果が得られたことはポジティブなことです」

「しかしより重要なのは、コストとのバランスです。前を行くライバルたちに追いつくべく、開発を加速させるためには、多くの予算を投入する必要があるんです」

「そして今、現状を維持し、同時にコストを削減するための方法を計画しています」

 2021年のF1レギュレーションが発表されたことで、次世代F1のコストに関する評価を進めることができるようになったホンダは、長期的なF1参戦継続こそ決定しなかったものの、2021年もレッドブルおよびトロロッソとの提携を続けることを発表した。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコは、レッドブルが所有する『ServusTV』のインタビューで、「我々は大いにホッとした」とコメントしている。

Read Also:

シェア
コメント
”躍進”のトロロッソ、ホンダF1の進歩に賛辞「ホンダPUの前進は大きい」

前の記事

”躍進”のトロロッソ、ホンダF1の進歩に賛辞「ホンダPUの前進は大きい」

次の記事

プレマ、来季のF2体制発表。シューマッハーのチームメイトにシュバルツマン起用

プレマ、来季のF2体制発表。シューマッハーのチームメイトにシュバルツマン起用
コメントを読み込む