F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
36 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
64 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
71 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
85 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
99 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
106 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
120 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
127 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
141 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
155 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
190 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
204 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
211 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
225 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
239 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
246 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
260 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
274 days

新世代の“波”にハミルトンは耐えられるのか? レッドブル代表「バトルが楽しみ」

シェア
コメント
新世代の“波”にハミルトンは耐えられるのか? レッドブル代表「バトルが楽しみ」
執筆:
協力: Jonathan Noble
2020/01/19 3:52

レッドブルのチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンを始めとする“新世代の波”に、ルイス・ハミルトンが対抗できるかが楽しみだと語った。

 2019年のF1は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンと、フェラーリのシャルル・ルクレールという新世代の才能が輝きを見せた。しかしルイス・ハミルトン(メルセデス)を止めるには至らず、彼は自身6度目のドライバーズタイトルを獲得した。

 フェルスタッペンとルクレールはそれぞれ2023年、2024年までの長期の契約をチームと新たに結び、各チームでチャンピオンを狙おうという姿勢を見せている。

 メルセデスは2014年以降のF1パワーユニット時代を支配し続けている。しかしレッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、2020年はトップ3チームが最高のバトルを展開すると考えている。

 そして、ホーナー代表は王者ハミルトンと、新世代のドライバーとの争いは素晴らしいものになるだろうと語った。

「時折、時代の波が押し寄せてくるものだ。そして我々はその瞬間に居合わせていると思う」

「特にワクワクしているのは、マックスとルクレールのダイナミックさ、そしてルイスがそんな彼らにどう立ち向かうか、といったものだ」

「なぜならルイスはまだ現役だからだ。彼は向かってくる若手の波に対抗できるかを正確に推し量りたいと思っているはずだ」

「若手ドライバーがF1で躍動することは、素晴らしいことだと思う。挑戦者が現れ、そしてあらゆる仕事を知り尽くしたベテランとの関係に変化をもたらすんだ」

 ひとつの時代を築いているハミルトンだが、彼のメルセデスとの契約は2020年までだ。ただ、彼はフェルスタッペンとルクレールの契約延長に続いて、メルセデスと契約を延長すると考えられている。

 そして、ハミルトンは2019年に“すぐにヘルメットを脱ぐ気はない”と、引退はまだ先の話だと明らかにしていた。

「僕の中核は、“レースが大好き”というものだ。僕は挑戦が大好きなんだ」と、ハミルトンは言う。

「僕を乗り越え、打ち負かそうとしている素晴らしい才能を持つ若手がいることを知りつつ、足を踏み入れるのが好きなんだ。毎年その戦いを演じるのもね」

「そして彼らのような、より洗練されたドライバーと戦っていると、僕もより洗練されたように感じられるんだ。彼らに挑んで打ち負かしたときなんかは、信じられないほどのものだよ!」

「“引退する日”は恐れていない。確かに生涯愛してきた物を辞めるわけだから、悲しい日にはなるだろうけどね。だからこそ他に寄って立つ場所を持っているんだよ」

「ファッションがその例だ。成功すれば長期間行なえるビジネスを見つけたんだ。今は本当にうまく行っている。ただどれくらい続くかは分からない。でも少なくとも、僕はこれに関心を持っている」

「他にも興味を持っていることはたくさんある。F1を引退しても人生は終わらないんだ。そうした物は僕を心地よくさせてくれるだろう。でも今は身体的にも十分良いし、できる限りやりくりしていくつもりだ」

Read Also:

次の記事
成長力はAクラス? ペレス、レーシングポイントの“可能性”に期待大

前の記事

成長力はAクラス? ペレス、レーシングポイントの“可能性”に期待大

次の記事

フェラーリ兄弟コンビ誕生なるか? ルクレールの弟アーサーがFDA加入

フェラーリ兄弟コンビ誕生なるか? ルクレールの弟アーサーがFDA加入
コメントを読み込む