速報ニュース
F1 オーストリアGP

リタイアのフェルスタッペン、「勝利の可能性あった」レッドブル代表、連戦でリベンジ狙う

F1開幕戦でレッドブルは、ドライバー2名がマシントラブルで完走できずに終わるという、厳しい結果となった。チーム代表のクリスチャン・ホーナーはマックス・フェルスタッペンには勝利する可能性があったと指摘し、ノーポイントという結末は残念だと語った。

Christian Horner, Team Principal, Red Bull Racing in the press conference

 F1開幕戦オーストリアGPはレッドブルにとって苦いレースとなった。2番グリッドと好位置からのスタートを順当に決めたマックス・フェルスタッペンは序盤にトラブルが発生しスローダウン。ライバルと異なるタイヤ戦略で戦っていたが、その効果を発揮することなく、残念ながらそのままリタイアを強いられた。

 その後、チームにとって残された希望はアレクサンダー・アルボンのみとなった。アルボンはレース後半にセーフティーカーが出動したタイミングで、2度目のピットインを敢行。ソフトタイヤに交換し攻勢に出た。

Read Also:

 アルボンはハードタイヤを履くトップ2のメルセデス勢に迫り、2番手のルイス・ハミルトンを追い抜きにかかったが、ここで接触があり、アルボンは最後尾まで後退。さらに最終盤にはトラブルも発生し、マシンを降りざるを得なかった。

 オーストリアは昨年、レッドブルがホンダと提携して以来初めての優勝を遂げた地でもあり、さらにプレシーズンテストでも好調だったことから、開幕戦には期待がかかっていた。しかし厳しい結果に終わってしまった。

 レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーはフェルスタッペンには優勝できる可能性があったと指摘し、今季のマシンRB16の発揮したポテンシャルには励まされたと語った。

「今日はマックスが勝利する可能性があったと思っている。彼はバルテリ(ボッタス)と同じようなペースで走ることができていたし、スティントの終盤には、バルテリがタイヤを労り始めていた」

 ホーナー代表はそう語った。

「セーフティカーが出た際には、我々はライバルと同じようにハードタイヤに履き替えた。2度目のセーフティーカーの際、メルセデスはステイアウトをしたが、我々は反対のことをした。今日、我々の戦略は研ぎ澄まされていて、非常に強力だったと思う。それを示す”ポイント”が手にできなかったのは残念だ」

 そしてアルボンがハミルトンと接触してチャンスを失ったことについては、昨年のブラジルGP以来2回目であることも引き合いに出しつつ、残念だと語った。

「あのコーナーでは、アレックスが既に先行していたと思う。なぜルイスがホイールをそこに突っ込ませる必要があったのか、私には分からない。当然ながらアレックスにとってはフラストレーションが溜まることだ。(昨年から)直近3戦で接触は2回目だからね。今日は残念な結果になってしまった」

 レッドブルにとって残念な結果になってしまった開幕戦。しかし彼らはRB16の出来には失望しておらず、同じレッドブルリンクで連戦として行なわれる第2戦シュタイアーマルクGPに向けて期待を抱いている。

「冬の間、我々は良い仕事をしてきたと思うし、それはプレシーズンテストでも見ることが出来た。エンジンの面でも強力になっていると思う。RB16は非常に優れた基礎があると思うし、実際今日はマックスがメルセデスの間に割って入り、2番手を快適に走行していた。励まされる出来事だ」

「予選であったバランスの問題を整理する必要はあるが、来週はより強くなって戻ってこられることを期待している」

Additional reporting by Jonathan Noble

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 「5秒ペナルティは重すぎる」メルセデス代表、アルボンと接触のハミルトンを擁護
次の記事 これまでに見たことのないトラブル……レッドブル「ホンダと共に調査している」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本