ホンダ、フェルスタッペンの“F1連覇”を祝し『NSX Type S』プレゼント! 昨年おねだりが遂に実る|ホンダ・レーシング サンクスデー

ホンダは、2年連続でF1世界チャンピオンに輝いたレッドブルのマックス・フェルスタッペンに、NSX Type Sをプレゼントした。

NSX Type S

 11月27日に行なわれたホンダ・レーンシング・サンクスデー2022で、ホンダはレッドブルのマックス・フェルスタッペンに”2年連続F1チャンピオン獲得”のお祝いといして『NSX Type S』をプレゼントした。

 フェルスタッペンは2019年シーズンからレッドブルでホンダ製パワーユニットを搭載したマシンをドライブ。2021年のホンダのF1参戦最終年には、ルイス・ハミルトン(メルセデス)との激戦を制してホンダに念願のチャンピオンをもたらした。

 そして2022年。ホンダは二輪と四輪のレース活動を統合したHRC(ホンダ・レーシング)として、レッドブルのF1活動を昨年と変わらずに献身的にサポート。全22戦中17勝を挙げる”大勝利”となり、フェルスタッペンは2年連続のチャンピオンに輝き、レッドブルがコンストラクターズタイトルを獲得するなど、2021年以上の結果を残した。

 さらに今年は日本GPでチャンピオンを決めたフェルスタッペン。サンクスデーで再び来日した彼には、ホンダからプレゼントが用意されていた。

 ホンダは2年連続チャンピオンの”お祝い”として、会社の誇るフラッグシップモデルであるNSX Type Sをフェルスタッペンに贈呈したのだ。

「マックス、まずは2年連続F1チャンピオンおめでとうございます。ホンダとしては、昨年の最終戦での劇的な優勝で、30年ぶりにドライバーズタイトルを取ることができました」

 本田技研工業株式会社の倉石誠司会長はそう語った。

「改めてホンダを代表してお礼申し上げます。そして、今年の日本GPで圧巻の走りで優勝し、2年連続でチャンピオンを獲っていただいた、ということで2年連続のチャンピオンを祝うお礼も兼ねて、ホンダからプレゼントを用意しました」

 HRCの社長である渡辺康治のドライブでプレゼントを受け取ったフェルスタッペンは、早速レーシングコースを1周ドライブ。ホンダからの素敵なプレゼントに喜びを見せた。

「素晴らしいクルマ、素晴らしいプレゼントをありがとう」

「ちょっとスピードテストをやってみたけど、完璧だ。本当にありがとう」

 なおフェルスタッペンやチームメイトのセルジオ・ペレス、アルファタウリのピエール・ガスリーと角田裕毅は2021年のアメリカGPの際、このNSX Type Sを当時ホンダF1のマネージングディレクターを努めた山本雅史に”おねだり”していたが、「高価なんだ」と断られてしまっていた。しかし2年連続の王者となったことで、1年越しにおねだりが叶った……のかもしれない。

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 【ギャラリー】ホンダの豪華ドライバー&ライダーが集結! ホンダ・レーシング・サンクスデー2022
次の記事 【動画】F1ドライバーがホンダのType Rをドライブ!30周年オーナーズパレード|ホンダレーシングサンクスデー

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本