F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
19 days
23 10月
次のセッションまで……
33 days
31 10月
次のセッションまで……
41 days

ヒュルケンベルグ、待望の初表彰台ならず。タイヤの振動酷く予定外の3ストップ強いられる

シェア
コメント
ヒュルケンベルグ、待望の初表彰台ならず。タイヤの振動酷く予定外の3ストップ強いられる
執筆:
, Grand prix editor

ニコ・ヒュルケンベルグは、F1 70周年記念GPのレース終盤にタイヤのバイブレーションに悩まされたため、ピットインを余儀無くされたと語った。

 新型コロナウイルス陽性と診断されたセルジオ・ペレスの代役として、レーシングポイントから出場しているニコ・ヒュルケンベルグ。彼はF1第5戦F1 70周年記念GPの予選で3番手を獲得。決勝ではキャリア初の表彰台にも期待がかかっていた。

 ヒュルケンベルグはスタートでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に交わされ4番手に後退するが、その後はタイヤに苦しむメルセデス勢を時折上回るペースで周回を重ねていた。そして2回のピットストップを終えた段階で、1ストップ作戦のシャルル・ルクレール(フェラーリ)に先行されはしたものの、5位獲得は堅いものと見られていた。

 しかしながらヒュルケンベルグは残り8周というところで3回目のピットインをし、ソフトタイヤに交換した。これにより、ヒュルケンベルグはチームメイトのランス・ストロール、そしてアレクサンダー・アルボン(レッドブル)の後ろに回ることとなり、7位でフィニッシュした。

Read Also:

 今回のレースで主流となった2ストップではなく3ストップを選択したことについてレーシングポイントは、ヒュルケンベルグがレース終盤にタイヤのバイブレーションに苦しんでいたことを理由に挙げた。そしてヒュルケンベルグ本人も、このままではレースを完走できないのではないかと心配していたようだ。

「僕たちはピットインをしてプライム(ハードタイヤ)を外さざるを得なかったんだ」

 ヒュルケンベルグはレース後にそう語った。

「左右のリヤタイヤに大きなブリスターがいくつかできていたと思う。バイブレーションは急激に大きくなっていって、2〜3周で手に負えないものになってしまった」

「あのタイヤは最後まで保たなかったと思う。残念だ。レースの前半はうまくコントロールできていて、マネジメントできていた」

「2セット目のプライムを履いた時に、これまでのセットとは違うタイヤ、違うコンパウンドのように感じた。そして最終的にはうまくいかなかった」

 同じくペレスの代役として出場した第4戦イギリスGPはトラブルで決勝を走ることができなかったため、今週のF1 70周年記念GPがヒュルケンベルグにとって久々のF1レースとなった。彼は久々のF1でレースディスタンスを走りきるのは大変であったことを認めた。

「ありがたいことに、ヘッドレストがかなり近い位置にあるから、頭をたくさん休めることができたよ」とヒュルケンベルグは言う。

「全身、特に背筋がキツいし、お尻の周りはすごく締め付けられているんだ。明日は間違いなく痛むだろうね」

「静かなレースだったし、争いもなく、セーフティカーも出なかった。でも正直それがありがたかった。アクションが少なくて良かったよ、今回の感じで十分だった」

 仮に次週のスペインGPでもペレスが欠場することになった場合、ヒュルケンベルグが代役出場をする運びとなっているが、レーシングポイントはスペインGPでのペレス復帰は「99%確実」だと語っており、ヒュルケンベルグにとってはこれがひとまず今季最後のレースということになるだろう。

「正直なところ、全容は分かっていない」とヒュルケンベルグ。

「数日経てば詳細が分かるだろう。週末が近付くにつれて、進展があるだろうね」

「彼がレースに出られない場合に備えて、僕は待機すると思う。また木曜くらいにギリギリの判断になると思うよ」

 

Read Also:

F2初優勝の角田裕毅「僕にとっては大きな一歩」 課題は予選結果?

前の記事

F2初優勝の角田裕毅「僕にとっては大きな一歩」 課題は予選結果?

次の記事

角田は1戦1戦成長している……山本MD、将来の活躍に期待「彼はひと皮剥けた」

角田は1戦1戦成長している……山本MD、将来の活躍に期待「彼はひと皮剥けた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント F1 70周年記念GP
ドライバー ニコ ヒュルケンベルグ
チーム Racing Point
執筆者 Luke Smith