アイロット、アルファロメオから若手テストに出走決定「とても重要なチャンス」

カラム・アイロットは、F1最終戦アブダビGPの後に行なわれる若手ドライバーテストで、アルファロメオのマシンをドライブすることが決まった。

アイロット、アルファロメオから若手テストに出走決定「とても重要なチャンス」

 今季のFIA F2にユニ-ヴィルトゥオーシから参戦し、現在ランキング2番手につけているカラム・アイロットが、F1最終戦アブダビGP終了後に開催される予定のF1若手ドライバーテストで、アルファロメオのF1マシンを走らせることが決まった。

【ランキング】2020年FIA F2ドライバーランキング……残りは2ラウンド

 フェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員であるアイロットは、10月にニュルブルクリンクで開催されたF1アイフェルGPのFP1で、ハースのマシンを走らせるはずだった。しかしこの日は悪天候に見舞われ、セッションを予定通り行なうことができず……アイロットの走行もキャンセルされることになった。

「アブダビでF1マシンに乗れることになり、本当に楽しみにしている。このチャンスを与えてくれたアルファロメオ・レーシングと、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに感謝している」

 そうアイロットは語った。

「F1マシンをドライブするチャンスはとても重要だ。コクピットに乗り込み、マシンを走らせるだけではなく、チームと協力するという経験も積むことができる。エンジニアやその他のクルーは、世界でも屈指の存在だ。そういう彼らから学ぶことができるので、とても重要だと思っている」

 アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールも、アイロットのテスト参加を歓迎するコメントを発表した。

「カラムは、今年のF2のパフォーマンスでも示したように、最も有望な若手ドライバーのひとりだ」

 そうバスール代表は語った。

「ニュルブルクリンクでもFP1が中止されたため、彼は自分の能力を発揮するチャンスを逃すことになってしまった。それは不運なことだった。だからアブダビで我々のチームと共に働くだけの価値がある」

「彼の仕事に臨む態度と考え方は、昨年我々のチームでテストをした時に、ポジティブな印象を残した。アブダビでふたたび彼と共に仕事をするのは、我々としても本当に楽しみにしていることだ」

 なおフェラーリは、このテストでロバート・シュバルツマンとアントニオ・フオッコが、フェラーリのF1マシンを走らせることも発表した。彼らは木曜日の時点で、SF1000のシートフィッティングを完了している。

 また同じフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員で、FIA F2でランキング首位に立っているミック・シューマッハーは、ハースから若手ドライバーテストに出走することになるとみられている。

Read Also:

 

シェア
コメント
今年一番良いスタートを決めたのに……オコン、1周目に2度もスピンの”不運”

前の記事

今年一番良いスタートを決めたのに……オコン、1周目に2度もスピンの”不運”

次の記事

F1メカ解説|大荒れトルコで明らかになった、各F1チーム”ヒミツ”の空力

F1メカ解説|大荒れトルコで明らかになった、各F1チーム”ヒミツ”の空力
コメントを読み込む