F1デビューのラティフィ、ロズベルグと同じ『6番』をカーナンバーに選択

2020年にウイリアムズからF1デビューを果たすニコラス・ラティフィ。彼はカーナンバーに2016年のF1王者であるニコ・ロズベルグと同じ「6」を選択したようだ。

F1デビューのラティフィ、ロズベルグと同じ『6番』をカーナンバーに選択

 2020年シーズンに、ロバート・クビサの後任としてウイリアムズからF1にデビューするニコラス・ラティフィ。彼は自身のカーナンバーに、2016年にF1チャンピオンとなったニコ・ロズベルグと同じ6番を使用することが分かった。

 ロズベルグは2016年限りでF1を引退したが、彼の使用していた番号はスポーティングレギュレーションに従い、2シーズンの間は使用できないものとなっていた。つまり、2019年シーズンには既に利用可能となっていたのだ。

 ラティフィはこの番号を選択したことについて、ロズベルグとは何も関係が無いと話している。

「F1参戦に向けてどの番号を選ぶのか、それについては皆が疑問を持っていたと思う」

 ラティフィはチームの投稿した映像の中でそう語っている。

「僕はカーナンバーを6番にすると決めた。理由は僕がカナダ・トロント出身で、トロントは一般的に“The Six”として知られているからだ……トロントは市外局番が416か617なんだ」

「ちょっとくだらないけど、でも(番号をどうするか)決めあぐねていたから、これを選ぶことにしたんだ」

Read Also:

 

シェア
コメント
まさに“F1特需”! アゼルバイジャンGP、4年間で約560億円の経済効果生む

前の記事

まさに“F1特需”! アゼルバイジャンGP、4年間で約560億円の経済効果生む

次の記事

アロンソ、マクラーレンとの関係を解消。インディ500はアンドレッティから参戦?

アロンソ、マクラーレンとの関係を解消。インディ500はアンドレッティから参戦?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニコラス ラティフィ
チーム ウイリアムズ
執筆者 Pablo Elizalde