F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
FP3 まで
12 時間
:
48
:
08
09 10月
次のセッションまで……
13 days
23 10月
次のセッションまで……
27 days
31 10月
次のセッションまで……
35 days

ルクレール、跳ね馬の競争力不足に失望「モンツァでも復活は期待できない」

シェア
コメント
ルクレール、跳ね馬の競争力不足に失望「モンツァでも復活は期待できない」
執筆:

ベルギーGPではライバルにまったく太刀打ちできず、失意のどん底にあるフェラーリ。同チームのドライバーであるシャルル・ルクレールは、次のイタリアGPでも苦戦することになるだろうと語った。

 フェラーリのシャルル・ルクレールは、ベルギーGPで大苦戦した。スタートこそうまく決めて一時8番手に浮上したものの、最終的には14位。チームメイトのセバスチャン・ベッテルも13位が精一杯であり、フェラーリにとってはまさに史上最悪の結果だったと言っても過言ではない。

Read Also:

 ルクレールによると、今回のスパ・フランコルシャンと特性が似た次戦モンツァでも、挽回は不可能だという。

 フェラーリが今回苦しんだのは、最高速が不足していたから。つまり、パワーが足りなかったのだ。結果DRSを使ってもライバルをオーバーテイクすることができず、逆にストレートでライバルたちの攻撃から身を守ることができなかったのだ。そのためせっかくスタートでポジションを上げたにもかかわらず、ルクレールはすぐに元の位置に戻ることになってしまったのだ。

「今日は簡単じゃなかった。何と言えば良いか、正直分からない。見苦しい、本当に見苦しいよ。何とかしなければいけない」

 そうルクレールは語った。

「今日、不満を隠しておくのは難しい。間違いなくね。でも、僕がマシンに乗っている時にした仕事が、これまでと変わったということではない。いつものように全力を尽くした。でも、今日は本当に大変だった。小さな問題があったため、レース後半に2度目のピットストップをする必要があった」

「ストレートでは、DRSを開いてもオーバーテイクできなかった。それはとても厳しいことだ。これが現状だよ」

 ルクレールは、次戦イタリアGPで復調することは決してないと、ティフォシに向けて警告した。イタリアGPの舞台は、超高速サーキットとして知られるモンツァ。スパと同じようなコース特性なのだ。

「モンツァでもとても難しいだろう。ムジェロやイモラについて話せば、以前のような形に戻れるかもという希望もあるかもしれない。でも、モンツァは僕らにとっては本当に厳しいコースだ」

Read Also:

オーバーテイク連発! ガスリー、SCに翻弄されるも8位入賞「5位になる力があった」

前の記事

オーバーテイク連発! ガスリー、SCに翻弄されるも8位入賞「5位になる力があった」

次の記事

そんなの聞いてない……メルセデス代表、”オーバーテイクモード”巡るボッタスとの誤解を説明

そんなの聞いてない……メルセデス代表、”オーバーテイクモード”巡るボッタスとの誤解を説明
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ベルギーGP
サブイベント Race
ドライバー シャルル ルクレール
チーム フェラーリ
執筆者 Giacomo Rauli