メルセデスはきっと復活してくる……! フェラーリのルクレール、”元絶対王者”の逆襲を予想。来季F1タイトル争いは三つ巴に?

フェラーリのシャルル・ルクレールは、2022年に苦しんだメルセデスが「本当に強いマシン」で2023年は間違いなく復活すると考えている。

Charles Leclerc, Ferrari F1-75, George Russell, Mercedes W13

 F1 2022年シーズンを通して苦戦したメルセデスだが、フェラーリのシャルル・ルクレールは2023年に彼らがタイトル争いに戻ってくると予想している。

 メルセデスは2022年シーズンに新たに導入されたテクニカルレギュレーションへの対応に苦戦。シーズン序盤では『W13』のポーパシングに悩まされ、マシンに巣食う根本的な問題が露呈……結果として、優勝争いを繰り広げたレッドブルやフェラーリからは大きく後れを取ることとなった。

 しかし、シーズン後半にかけてメルセデスは多くの問題を解消。表彰台獲得も珍しくなくなり、サンパウロGPではジョージ・ラッセルがチームを勝利へ導いた。

 コンストラクターズタイトル9連覇という記録には手が届かなかったものの、フェラーリのルクレールはそのV字回復ぶりから2023年シーズンのトップ争いの一角にメルセデスが加わると考えている。そして2023年シーズンはレッドブル、フェラーリ、メルセデスの3強による三つ巴のF1タイトル争いが繰り広げられると予想している。

「メルセデスがタイトル争いに加わると僕は確信している」

 ルクレールはそう語る。

「もう1チーム? まだ他のチームがトップ3に加わるという兆候は目にしたことがないね」

「でもメルセデスは来年、とても強いマシンで間違いなく戻ってくる。彼らが開幕戦から最終戦までの間にどれだけ改善してきたかを僕らは見てきた」

「彼らは自分たちの何が悪かったのかを理解したと思うし、それは基本的に、もっと上手くいく兆候なんだ」

「だから来季は3チームでの戦いになると良いね」

Charles Leclerc, Ferrari

Charles Leclerc, Ferrari

Photo by: Erik Junius

 一方、フェラーリは開幕3戦で2勝を挙げるなど、2022年のシーズン序盤こそレッドブルと互角のパフォーマンスを発揮しタイトル争いを繰り広げたものの、レースを追うごとに失速。7月中旬のオーストリアGP以降は未勝利のままシーズンを終えることとなり、シーズン終盤は調子を上げるメルセデスにコンストラクターズランキングでも迫られた。

 しかしルクレールは、フェラーリが2022年シーズンから学び、2023年3月のバーレーンGPから始まる新シーズンに向けてタイトルを争う準備を整えられると考えている。

「シミュレータではかなり多くの作業をしているし、自信はある」

 ルクレールはそう語る。

「この1年、僕らは来季マシンのために、この(2022年用)マシンの弱点を理解しようと一生懸命働いてきた」

「厳しいシーズンだった2020年からリセットして、懸命に努力した2021年の後にも同じことを考えていた。僕らは正しい方向性、正しい手段で仕事をしてきたんだ」

「そういったことが、2023年に向けて競争力のあるマシンを手にできるという自信に繋がるんだ」

 
関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 トップ3チーム以外の表彰台はわずか1回。F1新規定の1年目、常勝チームの上位独占は”想定内”なのか?
次の記事 FIA、ドライバーの政治的なメッセージ無許可発信を禁止に。近年はハミルトンやベッテルがTシャツでメッセージ

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本