F1
02 4月
-
05 4月
イベントは終了しました
30 4月
-
03 5月
イベントは終了しました
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
イベントは終了しました
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
4 days
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
11 days
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
32 days
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
46 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
60 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
88 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
95 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
109 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
116 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
130 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
144 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
151 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
165 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
179 days

選手をコロナに感染させれば免疫がつく? レッドブル重鎮マルコが描いていた大胆構想

シェア
コメント
選手をコロナに感染させれば免疫がつく? レッドブル重鎮マルコが描いていた大胆構想
執筆:
協力: Christian Nimmervoll
2020/03/31 1:12

レッドブルのモータースポーツアドバイザーであるヘルムート・マルコには、レッドブル系ドライバーによる“コロナキャンプ”を作り、彼らを意図的に新型コロナウイルスに感染させて免疫をつけさせる、という構想があったようだ。

 モータースポーツアドバイザーとして、レッドブルのドライバー育成を指揮しているヘルムート・マルコは、レッドブルが抱えるドライバーたちをあえて新型コロナウイルスに感染させれば、彼らが今後始まるであろう2020年シーズンに向けて免疫をつけることができるだろう、と考えていた。

 オーストリアのテレビ局のインタビューの中で、マルコは次のように語った。

「我々は4人のF1ドライバーを抱えていて、10人のジュニアドライバーがいる」

「私が考えたアイデアは、“キャンプ”を作ることだ。そこではこの暇な時間を利用して、肉体的にも精神的にも様々な埋め合わせができる。そして今は(新型コロナウイルスに)感染するのには理想的な時だと言える」

「彼らは皆、非常に健康で強靭な肉体を持つ若者だ。(新型コロナウイルスに感染すれば)それからはいつシーズンが始まってもいいように準備ができる。とてもタフになるであろうシーズンに向けて備えることができるのだ」

 マルコ自身はそのアイデアに自信を持っていたが、レッドブルの他の派閥からの反対を受け、これは却下されたという。

「包み隠さずに言うと、この案は受け入れられなかった」とマルコは語った。

 そんなマルコも現在は、ドライバーに新型コロナウイルスに感染させて免疫をつけさせるのではなく、この空白期間中にいかにコンディションを保つかというところに焦点を当てている。

「マックス(フェルスタッペン/レッドブル)なんかは、実際のF1レースよりも多くのシムレースをしており、1日に複数のレースをすることもある」

「また、彼らには専属のトレーナーがいて、フィットネスエクササイズをしている。この時期のトレーニングとしてはそれが理想的だ」

「今シーズンが15〜18レースになる場合、とてもタフな1年なるだろう。シーズン中に体力を向上させることはできないので、今からトレーニングをすることが理想的だ」

 

Read Also:

次の記事
2009年のチャンピオンF1マシンBGP001は、同年を代表するマシンなのか?

前の記事

2009年のチャンピオンF1マシンBGP001は、同年を代表するマシンなのか?

次の記事

メルセデス、UCLと協力して呼吸補助装置を改良。数年のプロセスを数日に短縮

メルセデス、UCLと協力して呼吸補助装置を改良。数年のプロセスを数日に短縮
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム レッドブル・ホンダ 発売中
執筆者 Jonathan Noble