マクラーレン、日本GPは特別カラーリングに! シンガポールとの2戦を”フューチャーモード”で戦う

マクラーレンは、チームスポンサーであるOKXとの提携により、F1シンガポールGPと日本GPで「フューチャーモード」の特別カラーリングで走行することになった。

マクラーレン、日本GPは特別カラーリングに! シンガポールとの2戦を”フューチャーモード”で戦う
Listen to this article

 マクラーレンは、チームのスポンサーである暗号通貨取引所OKXとのパートナーシップにより、特別カラーリングでシンガポールGPと日本GPを戦うことを発表した。

 このカラーリングは、『フューチャーモード』と名付けられたマクラーレンとOKXの共同キャンペーンの一環であり、ランド・ノリスとダニエル・リカルドのマシンは、伝統的なパパイヤ・オレンジのカラーに、ネオンピンクのカラーリングが追加。さらにはサイバーパンクをイメージしたエンジンのイラストが採用されている。両ドライバーのレーススーツもカラーリングが変更されるようだ。

→【ギャラリー】サイバーパンクな特別カラー! シンガポールと日本で採用、マクラーレンMCL36の『フューチャーモード』

 マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは、新型コロナウイルスの大流行以来、初めての開催となるアジアでのフライアウェイラウンドでは、特別なことをする価値があると語った。

「アジアでのレースに向けて大胆で鮮やかなカラーリングを施すことで、OKXとのパートナーシップを祝うことができて嬉しく思う」

「マクラーレンとOKXは、常に前進し、境界を打ち破ろうと努力することで一致している。フューチャーモードのキャンペーンは、これらの価値観をグローバルな舞台で共有する機会となる」

「シンガポールと日本のレースに戻れるというのは素晴らしいことだ。これらの素晴らしいサーキットは、我々のパートナーシップのビジョンを共に祝うのにふさわしい舞台となるだろう」

 OKXのチーフ・マーケティング・オフィサーであるハイダー・ラフィークは、「アジアラウンドでのカラーリングをマクラーレンと共同デザインするのは、非常に楽しいことだった」と述べている。

「この新しいカラーリングは、大胆な新技術の到来を告げるものであり、これこそOKXの目指すところだ。この新しいカラーリングは、大胆な新技術の到来を告げるもので、これこそOKXの真骨頂だ。我々がデザインしたサイバーパンクは、大衆文化におけるWeb3の影響を称え、このエキサイティングなパートナーシップをレーストラックで実現するものだ」

「シンガポールのナイトレースでデビューするこの未来志向のデザインは、眠らない暗号通貨市場の性質を反映している」

 このカラーリングは、F1の公式ゲームである『F1 2022』でも来月から使用可能になるという。

 
Read Also:

シェア
コメント
小林可夢偉が3位! 鈴鹿が歓喜に包まれた2012年のF1日本GP……バトンの戦略に反応しなければ、2位もあったのか?|F1分析
前の記事

小林可夢偉が3位! 鈴鹿が歓喜に包まれた2012年のF1日本GP……バトンの戦略に反応しなければ、2位もあったのか?|F1分析

次の記事

アルファロメオ、周冠宇のチーム残留を発表。「彼の献身と姿勢に感銘を受けた」

アルファロメオ、周冠宇のチーム残留を発表。「彼の献身と姿勢に感銘を受けた」