F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
次のセッションまで……
13 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
20 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
27 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
55 days
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
77 days

マクラーレン、イギリスGPで空力アップデート。マシンの”弱点”に対処

シェア
コメント
マクラーレン、イギリスGPで空力アップデート。マシンの”弱点”に対処
執筆:
2020/07/31 13:30

イギリスGPでマクラーレンは、マシンの弱点に対処するため、フロントウイングやフロア、リヤウイングへアップデートパーツを持ち込んでいる。

 マクラーレンは、今季のマシン『MCL35』の弱点に対処するため、F1イギリスGPにアップデートされたパーツを持ち込んだ。

 チーム代表のアンドレアス・ザイドルは、新しいパッケージによって対処したい特定の問題があると説明。低速セクションでのパフォーマンス向上を目指しているようだ。

 シルバーストン・サーキットは高速コーナーが多く、低速コーナーでのパフォーマンスはあまり重視されないが、チームは同時に高速コーナーでより攻めることができるよう、ダウンフォースの全体的な向上と最適化も目指している。

「我々のクルマをメルセデスと比べると、至るところに弱点がある」

 そうザイドルは語った。

「もちろん、対処したい特定のトピックがあるから、我々は空力アップデートを持ち込んでいる」

「ハンガリーでもそうだったように、他のチームと比較して弱点がいくつかある。特に低速だ。しかしもちろん、いつものようにマシンの全体的なパフォーマンスを増やそうともしている」

「我々が持ち込んだアップデートで、そういったところに対処しようとしている。アップデートは主に、フロントウイングとフロアだ」

 マクラーレンは、イギリスGPのFP1で、フロントタイヤの後ろに気流測定装置を搭載して走行。新しいフロントウイングの効果を確認していた。またフロア前端部、ブーメラン状のウイング下には新たにパーツを追加。フロービズと呼ばれる塗料を使い、気流を可視化していた。

Read Also:

McLaren MCL35 rear comparison

McLaren MCL35 rear comparison

Photo by: Motorsport Images

 また、リヤウイングもハンガリーGPから変更されており、メインプレーンの両サイドが持ち上がっている。通常、中央に比べてウイング外側のセクションはダウンフォースの発生量が少ないため、ダウンフォースを過度に削ることなく空気抵抗を削減することができるのだ。

 さらに、フラップは開幕戦オーストリアGPと同じ仕様に戻り、上端両サイドの角が削られている。これは空気抵抗を削ると同時に、エンドプレート上部で発生する渦流にも影響を与えるだろう。

Additional reporting by Luke Smith and Adam Cooper

Read Also:

ハミルトン、イギリスGPで2基目のMGU-Kを投入「信頼性向上のための予防的措置」

前の記事

ハミルトン、イギリスGPで2基目のMGU-Kを投入「信頼性向上のための予防的措置」

次の記事

F1イギリスFP2速報:ストロール首位。アルボンはクラッシュも2番手タイム

F1イギリスFP2速報:ストロール首位。アルボンはクラッシュも2番手タイム
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イギリスGP
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jake Boxall-Legge