メルセデス、バンクのついたターン3で大苦戦!「レッドブルに0.2秒離される。理由はまだ分かっていない」

メルセデスは、バンクのついたターン3で奇妙なほど苦しんでおり、この区間だけでレッドブルに対して約0.2秒の差をつけられているという。

メルセデス、バンクのついたターン3で大苦戦!「レッドブルに0.2秒離される。理由はまだ分かっていない」

 F1第13戦オランダGPの予選は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。メルセデスはルイス・ハミルトンが0.038秒差に迫ったものの、2番手に甘んじた。

 メルセデスがレッドブルに対して主に差をつけられていたエリアは、第1セクターのターン2とターン3だ。特にバンクがついたターン3は、いくつものラインが考えられるコーナーとなっており、ドライバーたちにとって難所のひとつとなっている。

Read Also:

 メルセデスは金曜日のフリー走行からターン2~3の攻略に苦戦。予選でもここで差をつけられてしまったという。

 ハミルトンは「(負けているのは)主にターン2の出口からターン3で、彼らの方がずっと速い」と語った。

「あのラップ(Q3最後のアタック)でも、0.18秒負けていると言われていたから、あのエリアで0.2秒近く失っていることになる」

「それが何なのか分からないけど、何かがある。我々のクルマに、あのコーナーを好まない特性があるんだ」

 メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフも、ターン3での苦戦の原因が何なのか、まだ分かっていないと語った。

「他の部分では競争力があるのに、不思議なことだ」と彼は語った。

「しかし我々のマシンは、あの低速コーナーの極端なバンクではハッピーじゃないんだ。まだ答えは見つかっていない」

 タイトル争いのライバルであるフェルスタッペンとハミルトンが最前列に並ぶのは、7月のイギリスGP以来だ。このレースでは両者が接触。フェルスタッペンがリタイアした一方でハミルトンが優勝し、様々な議論を巻き起こした。

 しかしウルフは、ふたりが再び接触するのを恐れるのは間違っていると主張。人々は「シルバーストーンでの出来事を言及するのをやめる必要がある」と述べ、ハミルトンと最初の数コーナーへのアプローチについて議論する必要はないと語った。

「ターン1とターン2の戦略について議論することはない」

「ドライバーたちは、それぞれのエンジニアと様々なプレーやプレーの可能性について話し合うものだが、ドライビングの仕方や何が問題になっているか、彼は一番よく知っている。だから我々はそれに対処するつもりはない」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
土曜日早朝、クビサにかかってきた”代役依頼”の電話「最初は僕がコロナ陽性なのかと思った」

前の記事

土曜日早朝、クビサにかかってきた”代役依頼”の電話「最初は僕がコロナ陽性なのかと思った」

次の記事

ペレス&ラティフィ、F1オランダGP決勝はピットレーンスタート。ペレスはPU完全交換も、ESは仕様違いに

ペレス&ラティフィ、F1オランダGP決勝はピットレーンスタート。ペレスはPU完全交換も、ESは仕様違いに
コメントを読み込む