メルセデス、”より有利”なハイレーキへのコンセプト変更は否定「仮にできても、シーズンが終わってしまう」

メルセデスは、失ったダウンフォースを取り戻すためにマシンのコンセプトをハイレーキに切り替えた場合、2021年シーズンを棒に振ってしまうと考えている。

メルセデス、”より有利”なハイレーキへのコンセプト変更は否定「仮にできても、シーズンが終わってしまう」

 今季F1に導入された新しい空力規則によって、F1の勢力図には大きな変化が起きている。レーキ角(マシンの前傾角)が小さいマシンコンセプトを持つメルセデスやアストンマーチンが、序列を下げているのだ。

 メルセデスは新しい空力規則によって、ローレーキのクルマがハイレーキのライバルよりもはるかに不利になっているのではないかと考えており、同じくローレーキのクルマを走らせているアストンマーチンは、フロア変更の悪影響が1周あたり1秒にも及ぶと考えているのだ。

Read Also:

 失ったダウンフォースを取り戻すために、マシンのリヤを高くし、ハイレーキに寄せるという余地はあるが、レッドブルのように極端なハイレーキにすることは不可能だろう。そのためには、現行のレギュレーションでは認められていない、リヤサスペンションの刷新が必要になるからだ。また、コンセプト変更に合わせて空力を1から作り直さなければならない可能性も生じる。

 メルセデスのトラックサイド・エンジニアリングディレクターのアンドリュー・ショブリンは、たとえ今からハイレーキコンセプトにスイッチしても、現在のダウンフォースに戻すだけでも何ヵ月もの作業が必要であり、その時点ですでにチャンピオン争いは決着してしまっているだろうと語る。

「我々は賢い決断をし、いい仕事をしてうまく1年間やっていけば、チャンピオンシップを獲得できるマシンを持っているんだ」

 そうショブリンは説明した。

「ハイレーキかローレーキかに関わらず、我々は今何もできない。いきなりマシンのリヤを30mm持ち上げても機能はしない。そんなことをすればシーズンが終わってしまう。多くのものを失うことになる。それを取り戻さなくちゃいけないから、現実的ではない」

 アストンマーチンのオットマー・サフナウアー代表は、コロナ禍によってリヤのサスペンションを変更することができなくなっているため、マシンのレーキ角を大きくすることは不可能だと語った。

「私が覚えている限り、24年間のF1キャリアの中でサスペンションのホモロゲーションを取得しなければならなくなったのは初めてだ」

「コロナ下の規定により、サスペンションを変えるには開発トークンを使わなくてはいけない。だから、たとえもしリヤの車高を150mmにしてくてもできないんだ」

 ショブリンは、新規則によってハイレーキのマシンが有利になった証拠はあるものの、そのことを気にして時間を無駄にするわけにはいかないと語った。

「今回のレギュレーションは、ハイレーキカーよりもローレーキカーの足を引っ張ったのだろうか? そうかもしれない」

「彼ら(レッドブル)が2020年の最終戦で勝ったことは分かっている。だが、全体的に言って昨年の終盤は我々の方が前にいた。しかし今はそうではない」

「だから、我々がルールの変更で大きな打撃を受けたのか、レギュレーションの変更を受けて彼らの方が開発スピードが速かったのかのどちらかだと思う。それが現実なんだ」

 
 

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル、角田裕毅の昇格は急がず「ダイヤの原石であるユウキを”燃え尽き”させるつもりはない」

前の記事

レッドブル、角田裕毅の昇格は急がず「ダイヤの原石であるユウキを”燃え尽き”させるつもりはない」

次の記事

ノリス、リカルドの走りを学んでまた一歩成長?「昨年までのドライビングスタイルが足を引っ張っていた」

ノリス、リカルドの走りを学んでまた一歩成長?「昨年までのドライビングスタイルが足を引っ張っていた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
チーム メルセデス
執筆者 Jonathan Noble