「プレッシャーを掛け続けることが必要」レッドブル、メルセデスの“珍しい”ミス発生に勝機見出す

レッドブルのヘルムート・マルコはモナコGPでメルセデスが見せたミスは、チームとしてプレッシャーを掛け続ける必要があることの理由を示していると語った。

「プレッシャーを掛け続けることが必要」レッドブル、メルセデスの“珍しい”ミス発生に勝機見出す

 2021年のF1モナコGPでは、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが快勝。その一方でライバルのルイス・ハミルトン(メルセデス)は7位に沈み、ドライバーズランキングでフェルスタッペンがトップに浮上することになった。

 メルセデスはモナコGPの週末、全てを適切にこなしたレッドブルに比べ、ミスが散見する状況だった。

 ハミルトンは決勝レースで5番手のピエール・ガスリー(アルファタウリ)の後方に詰まってしまい、チームはアンダーカット作戦を選択。しかしガスリーをアンダーカットすることができなかったばかりか、セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)とセルジオ・ペレス(レッドブル)によるオーバーカットも許してしまった。

Read Also:

 メルセデスの受難はこれだけではなく、2番手を走行していたバルテリ・ボッタスのタイヤ交換の際に右フロントのナットが外れないという問題も発生。結局、ボッタスはリタイアせざるを得なかった。

 レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、こうしたメルセデスの“ミス”が、王者チームであってもプレッシャーによってぐらつくことを示しており、レッドブルが攻めの手を緩めることはできないという考えを語った。

「ハミルトンがガスリーの後ろで為す術なく走っていたのには驚かされた。そして彼らは、ボッタスにも(ハミルトンと)同じようにピットインさせた」

 マルコはSky Germanyに対しそう語っている。

「これはつまり、プレッシャーが存在するときにはミスを犯してしまうことを示している。だがそれは同時に、我々が2台のマシンに対し可能な限りプレッシャーを掛け続ける必要があることも示している」

「そして今は、フェラーリという3番目のチームも加わっている。我々にとってはより厳しい仕事だが、ファンにとっては非常に良いことだ」

 またレッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスが万全の状況ではなかったモナコで良い結果を出すことが、チームにとって必要不可欠だったとレースを振り返った。

「ここで我々のチャンスをモノにすることが重要だったと思う」

「メルセデスは今回珍しく“休暇”をとっており、それを結果に変える事が重要だったんだ」

「チームとして我々はそれを実行した。結果、我々はハイブリッド時代になって初めてチャンピオンシップをリードしてここモナコを離れることになった。本当に励みになる」

「だがそれで調子に乗っているわけではない。このチャンピオンシップ争いはまだとても長い道のりが残っている。だがこの時点でこうして接近していることには、非常に励まされる」

 またホーナー代表は、チームにとって重要なのことは、タイトル争いがより激しくなるシーズン終盤まで戦い続けることだと付け加えている。

「チャンピオンシップが終わるまで、我々は(メルセデスとの)距離を保ち続ける必要がある。そこで本当にプレッシャーがかかってくる」

「現時点ではまだ1年間のレースを走り抜けている最中だ。信頼性、一貫性、そして浮足立たないことが重要だ」

 

Read Also:

シェア
コメント
メルセデス、次戦アゼルバイジャンGPでライバルが使う”フレキシブルウイング”について抗議?
前の記事

メルセデス、次戦アゼルバイジャンGPでライバルが使う”フレキシブルウイング”について抗議?

次の記事

モナコで外れなかったボッタスの右フロントタイヤ……ファクトリーに戻らないと外せない??

モナコで外れなかったボッタスの右フロントタイヤ……ファクトリーに戻らないと外せない??
コメントを読み込む