F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
2 days
28 8月
次のセッションまで……
16 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
23 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
30 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
44 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
58 days
23 10月
次のセッションまで……
72 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
80 days

献身ノリス、チームの撤収作業を手伝う「本当に大変なのは、ドライバーじゃない」

シェア
コメント
献身ノリス、チームの撤収作業を手伝う「本当に大変なのは、ドライバーじゃない」
執筆:
協力: Luke Smith, Grand prix editor
2020/07/22 10:05

マクラーレンのランド・ノリスは、ハンガリーGP決勝終了後、チームの撤収作業を手伝った。これについてノリスは、今年は非常に過酷なスケジュールとなっているため、エンジニアやメカニックを守らなければならないと語る。

 F1第3戦ハンガリーGPの決勝レース終了後、マクラーレンのランド・ノリスは、チームがマシンを片付ける作業を手伝った。ドライバーがチームの作業を手伝うことは、非常に稀なケースであると言える。

Read Also:

 そのノリスは、11週間で9レースを開催するという超過酷なスケジュールの中で、最もストレスがかかるのは、レースを戦うドライバーではなく、エンジニアやメカニックなどのチームスタッフだと主張。その状況を打開するため、各スタッフの長時間労働をできるだけ避けるべく、代替の人員を確保するために最大限の努力をすべきだと主張する。

 ノリス曰く、それがハンガリーGPの日曜日の夜に、チームの撤収作業を手伝うことを選んだ理由であり、どんな小さなサポートでも、チームメンバーのストレスを取り除くことに繋がるだろうと語った。

「ドライバーにとっては、それほど悪いことじゃない」

 シーズンが非常にタイトなスケジュールで行なわれることについて、ノリスはそう語った。

「コース上でレースカーを実際にドライブするという観点で言えば、仕事をしている時間は短い。メカニックがマシンの組み立てとマネジメントに費やす時間、またはエンジニアがサーキットで過ごす時間と比較すれば特にね」

「正直なところ、僕はレースを戦うのに十分な体力があると思うし、レース後にも完全に死んだような状態になっているわけでもなく、回復までに長い時間がかかると感じることもない。だから、僕はそれほど心配していない」

 ノリスは、ソーシャルディスタンスを守るために、チームスタッフの仕事が複雑になったと指摘する。

「正直なところ、エンジニアとメカニックは、コースでの作業とそれに伴う移動に多くの時間を費やしている。だから、より厳しいんだ」

「彼らを労り、そして良好な状態に保つことは、とても重要なことだ。ピットストップを担当するメカニックは特にね。彼らは、パフォーマンスに大きな影響を与える」

「彼らは、僕らにオーバーテイクをもたらしてくれる。良いピットストップがあれば、ポジションを上げることができるんだ」

「だから、チームの全員を、可能な限り最高な状態に保つことを目指している。僕は大丈夫だけど、彼らにとっては重要な問題だ。だから僕はできるだけ彼らを労り、そして最高の状態を保ってもらえるように努めている」

Read Also:

F1からの批判的意見に、フォーミュラE余裕の切り返し「とても光栄なこと」

前の記事

F1からの批判的意見に、フォーミュラE余裕の切り返し「とても光栄なこと」

次の記事

アストンマーチン株主だからって関係はない……トト・ウルフ、ベッテル移籍への関与否定

アストンマーチン株主だからって関係はない……トト・ウルフ、ベッテル移籍への関与否定
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランド ノリス
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jonathan Noble