モナコ3位のランド・ノリス、終盤ペレスの猛攻は「“抜けない”のは分かってても緊張した」

マクラーレンのランド・ノリスは、F1モナコGPでレッドブルのセルジオ・ペレスからの猛攻をしのぎきって獲得した3位表彰台は素晴らしいものだと語った。

モナコ3位のランド・ノリス、終盤ペレスの猛攻は「“抜けない”のは分かってても緊張した」

 マクラーレンのランド・ノリスは、2021年のF1第5戦モナコGPで3位表彰台を獲得した。レース終盤にはレッドブルのセルジオ・ペレスから激しいプレッシャーを掛けられたが、それをしのぎきってのモナコ初表彰台となった。

 ノリスは5番グリッドから決勝をスタート。ポールポジションのシャルル・ルクレール(フェラーリ)がマシントラブルでスタートできなかったこと、2番手を走行していたバルテリ・ボッタス(メルセデス)がタイヤ交換時のトラブルによってリタイアを喫したこともあり、3番手に浮上することができた。

 レース後半には4番手を走っていたセルジオ・ペレスがタイヤのアドバンテージも活かして接近し、猛攻を仕掛けてくる状況となったが、追い抜きが難しいこのモナコではそれは叶わず、ノリスが3番手を守りきった。

「凄く良い気分だよ」とノリスは言う。

「実際、ここにいないとどれ程なのか分からないくらい、信じられないものだ」

「凄く長いレースだった。特にペレスとの終盤の数周はね」

「モナコでは比較的簡単にディフェンスできるのは分かっていたけど、プレッシャーはあるし、コーナーごとにミラーに見える(ペレスの)姿は緊張するものだったよ」

「第1スティントは遅れずについていけていた。ただ第2スティントでは硬めのタイヤに少し苦戦してしまった。でも週末を通じて良いペースがあったから、今日はその結果が出たと思う」

 またノリスは、ペレスからプレッシャーを掛けられている状況でも、短いホームストレートからのターン1(サン・デボーテ)を上手く対処できれば、ポジションを維持できる自信があったと語る。ただタイヤと燃料のマネジメントは難しい状況にあったようだ。

「レッドブルは僕らよりも、明らかに速かったと思う」

「でもさっき話したように、ここはディフェンスしやすいコースだ。ターン1、そしてターン10(ヌーベル・シケイン)で上手く守ってミスをしない限り、大丈夫だと分かっていた」

「燃料やタイヤといった点でのマネジメントで、理想よりも難しい状況になっていたのは確かだけど、そういうものだ。レースでは時折あることだし、良い結果を手に帰ってくることができた。不満はないよ」

 3位を獲得したノリスは、これでドライバーズランキングでボッタスを抜いて3番手に浮上。しかし彼は、現在のポジションは“ボーナス”のようなものだと考えており、マクラーレンの努力が報われつつあるという点をより重視している。

「僕としてはチャンピオンシップについては考えていない。今のこれ(ランク3番手)はボーナスのようなものだ」

「今日やイモラのような瞬間で一番良いことは、チームの皆が、ハードワークが報われたことを喜んでくれているのを目の当たりにすることだよ」

「今年は次なる一歩へと進むための最後の年だ。メルセデスやレッドブル、フェラーリと同じ立場になるためには、こういう形で証明する日も必要なんだ」

「予選でポールポジションから0.2秒落ちだったりというのは、チームにとって大きなモチベーションになる。少しでも良いマシンを作れば、僕らは更に強くなれるんだとね」

「素晴らしいことだ。皆に感謝しているし、このまま続けていきたいね」

 

Read Also:

シェア
コメント

関連動画

フェルスタッペン、F1モナコGPで得た”教訓”「言葉よりも、コース上の行動で自分を表現していく」
前の記事

フェルスタッペン、F1モナコGPで得た”教訓”「言葉よりも、コース上の行動で自分を表現していく」

次の記事

【訃報】元FIA会長、マックス・モズレー亡くなる。享年81

【訃報】元FIA会長、マックス・モズレー亡くなる。享年81
コメントを読み込む