F1
30 4月
-
03 5月
Canceled
21 5月
-
24 5月
Canceled
11 6月
-
14 6月
Postponed
25 6月
-
28 6月
Postponed
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
28 days
R
第13戦ハンガリーGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
31 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
57 days
R
第6戦スペインGP
13 8月
-
16 8月
次のセッションまで……
70 days
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
84 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
91 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
105 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
112 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
126 days
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
140 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
147 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
161 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
175 days

マクラーレン、仕上がりは上々? 「MCL35は“トゲ”の少ないマシン」とノリス

シェア
コメント
マクラーレン、仕上がりは上々? 「MCL35は“トゲ”の少ないマシン」とノリス
執筆:
2020/03/08 22:51

マクラーレンのランド・ノリスは、2020年マシンのMCL35が「“トゲ”が少ない」一貫性のあるマシンであると感じている。

 2019年はコンストラクターズランキング4位と躍進したマクラーレン。今季のプレシーズンテストの総合順位は、ランド・ノリスが最下位に終わったものの、カルロス・サインツJr.が8番手タイムをマーク。このタイムは、チーム別で見ると全10チーム中6番手というものだった。

 テストを通して感じたニューマシンMCL35の強みや弱みに関して、ノリスは次のようにコメントした。

「それは何と比べるかによるよ」

「いくつかの領域では、昨年と比べて改善されていて満足している。一方でいくつかの領域では、期待していたよりも改善されなかった」

「今回のテストで最速だったメルセデスと比べると、全てが良くないとも言える。彼らほどの競争力がある分野はないからね」

「そういう厳しい見方をすれば、どこも不十分だと言えるけど、このF1という世界で進歩できているという点では、満足しているよ。もちろん、具体的にどこが進歩したとは言えないけどね」

「でも、マシンの一貫性が良くなったということは言える。前よりドライブしやすいマシンになっているんだ。ピーキーではなくて、“トゲ”が少ないマシン……という感じかな」

「僕たちはまだドライブする時に限界までプッシュをしているので、マシンがスライドしたり大きく動くことはある。でも、より一貫性があってドライブしやすいマシンになっているのは確かなんだ」

 2020年シーズン開幕を前にして、マシンにどれくらい満足しているかという質問に対して、ノリスは「まあまあかな」と答え、さらにこう続けた。

「いい感じだとは思う。(プレシーズンテストで)僕たちが遂げた進歩にも満足しているしね」

「風のせいでマシンのフィーリングがどんなものかを知るのが非常に難しかったけど(テスト2回目でノリスが走行を担当した日は強風だった)、満足はしている。少なくともこのマシンの長所と短所については理解していると思う。僕たちが取り組まなければいけないところは明確なんだ」

「そういったもの(短所)がオーストラリアまでにどこまで変わるかは正直分からない。でも何がいけないか分かっているのは良いことだ」

「僕はひとりのドライバーとしても、昨年の今頃よりも自信がついているし、気分も良い。それも良いことだと思う。僕が優位な立場にいると感じさせてくれるからね」

 

Read Also:

次の記事
F1メカ解説|マクラーレン、ベスト・オブ・ザ・レストを確保するための積極開発

前の記事

F1メカ解説|マクラーレン、ベスト・オブ・ザ・レストを確保するための積極開発

次の記事

F1史上初! バーレーンGPは新型コロナウイルスの流行受け無観客レースに

F1史上初! バーレーンGPは新型コロナウイルスの流行受け無観客レースに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランド ノリス
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Alex Kalinauckas