速報ニュース
F1 トルコGP

今年一番良いスタートを決めたのに……オコン、1周目に2度もスピンの”不運”

ルノーのエステバン・オコンは、F1トルコGPで今季最高のスタートを切ったが、ターン1でスピンしてしまったことにより、好結果につなげることができなかったと悔やんだ。

Esteban Ocon, Renault F1 Team R.S.20 and Valtteri Bottas, Mercedes F1 W11 crash at the start of the race

 ルノーのエステバン・オコンは、F1トルコGPの決勝レースを7番グリッドからスタートさせた。そして蹴り出しも良く、濡れた滑りやすい路面によりうまく加速できないマシンを尻目に、ターン1までに大きくポジションを上げた。

Read Also:

 そのターン1で、オコンは3番手を狙える位置まで浮上。しかしイン側にいたチームメイトのダニエル・リカルドが、前を行くルイス・ハミルトン(メルセデス)を避けようと右に進路を変えたことでオコンと軽く接触。オコンはスピンを喫し、大きくポジションを落としてしまった。

 なんとかレースに復帰することができたオコンだが、その1周目に今後はメルセデスのバルテリ・ボッタスに接触され、再びスピン。さらにこの接触の影響でパンクに見舞われてしまったことで、ピットインを余儀なくされ、上位進出のチャンスが完全に潰えることになってしまった。

 1周目に起きたことを振り返ったオコンは、良いスタートを切ったがために、不運な場所に位置してしまったと語った。

「僕らは最高のスタートを決めた。それは、素晴らしいことだった。おそらく、今年最高のスタートだった」

 オコンはそう語った。

「僕は明らかに、3番手に上がれるところだった。でも、少しビデオを見て振り返ったんだけど、ターン1でのスピンは明らかに不運なアクシデントだった」

「ルイスはダニエルの内側にいた。そしてダニエルは、ステアリングを右に切ったんだ。彼は僕に接触することになり、スピンするしかなかった」

「それでも僕はまたコースに戻った。かなり調子が良かったんだけど、ターン9で今後はバルテリに接触され、スピンしてしまった。2回も同じことが起きたんだ。でもその2回目は、パンクしてしまったことでピットインしなければいけなかった」

 タイヤを交換しコースに復帰した後も、オコンのマシンのペースはかなり良かった。そのため、1周目の2回の事故は、特に苛立たしいモノだったとオコンは言う。

「セーフティカーが出なかったのに、僕らは11番手まで戻ってくることができた。1周目の事故で、大きく離れてしまったのにね。ペースはそれだけしっかりしていたんだ」

「そして、僕らには良いところがいくつかあったと思う。最近は、ただ運が悪かっただけだ。それが好転することを願っている」

 1周目の事故がなければ、何位でフィニッシュできたと思うかと尋ねられたオコンは、トップ5でフィニッシュすることは十分考えられたと主張する。

「長く3番手のポジションをキープできたとは思わない。でも、少なくとも良い結果を目指すことはできたはずだ」

 そうオコンは語った。

「おそらく、5番手か6番手が現実的な目標だった。僕らのペースから考えれば、そのポジションでフィニッシュできれば上出来だったと思う」

Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ”自主リタイア”を訴えたマグヌッセン「視界が悪すぎて……事故を起こしたくなかった」
次の記事 アイロット、アルファロメオから若手テストに出走決定「とても重要なチャンス」

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本