ペレス、PU交換でグリッド降格ペナルティ。前戦同様最後方からの追い上げなるか?

レーシングポイントのセルジオ・ペレスはパワーユニットを交換することにより、F1最終戦アブダビGPでグリッド降格を受けることとなった。

ペレス、PU交換でグリッド降格ペナルティ。前戦同様最後方からの追い上げなるか?

 前戦サクヒールGPで悲願のF1初優勝を挙げたセルジオ・ペレス(レーシングポイント)。最終戦アブダビGPはパワーユニット(PU)コンポーネントの交換によってグリッド最後方からのスタートを強いられるようだ。

 ペレスは先日、サクヒールGPで使用していたPUが寿命に近付いており、既にパワーダウンの症状が出ていることを認めていた。このままでは十分な走行距離を保証できず、レースを無事に走り切れないかもしれないという懸念が生じたため、レーシングポイントはアブダビGPで新たなPUコンポーネントを投入することを決めた。

Read Also:

 ペレス車には新たな内燃エンジン、ターボチャージャー、MGU-Hが投入されたが、これらはいずれも今季4基目。レギュレーションで定められた年間使用基数をオーバーしているため、ペレスはグリッド降格ペナルティによって後方に沈むこととなる。

 この事実はレーシングポイントをコンストラクターズ選手権で追いかけるマクラーレン、ルノーにとっては嬉しいニュースかもしれない。現在194ポイントで同ランキング3番手のレーシングポイントに対し、マクラーレンは184ポイントで同4番手、ルノーは172ポイントで5番手となっており、結果次第ではレーシングポイントを逆転することが可能だ。

 ただペレスはフレッシュなエンジンを手にしたことで、エンジンの耐久性について心配することなく、最大限活用することができる。そして何より、彼は優勝したサクヒールGPでもオープニングラップで一旦最後尾に落ちており、そこから見事な逆転劇を見せているのだ。

 サクヒールGPでの最後尾からの逆転劇について、ペレスは「カートレース以来だ」と回想していた。

「最後にそれをやったのはカートコースだ」とペレスは言う。

「毎週水曜夜に友達とレースをしていたんだけど、その時最後尾からスタートして優勝した。僕が(最後尾からの逆転を)最初にやったのはそこだね。F1では達成したことがなかった」

 なお、ハースのケビン・マグヌッセンもペレス同様PUコンポーネントを新調。使用制限をオーバーする3基目のエナジーストア、コントロールエレクトロニクスを投入したため、彼もペレス同様グリッド後方からのスタートとなるだろう。

 

Read Also:

シェア
コメント
【動画】2020年F1第17戦アブダビGPフリー走行1回目ハイライト

前の記事

【動画】2020年F1第17戦アブダビGPフリー走行1回目ハイライト

次の記事

グロージャン、ごめんね……ハース、”さよならテスト”で使える旧型マシンがないと明かす

グロージャン、ごめんね……ハース、”さよならテスト”で使える旧型マシンがないと明かす
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビGP
ドライバー セルジオ ペレス
執筆者 Jonathan Noble