セルジオ・ペレスのボディガードが銃撃される事件が母国メキシコで発生「僕の家族は無事だ」

F1モナコGPの予選日に、メキシコではセルジオ・ペレスとその兄のボディガードを務める男性が銃撃を受けたようだ。

セルジオ・ペレスのボディガードが銃撃される事件が母国メキシコで発生「僕の家族は無事だ」

 メキシコの現地メディアによると、5月22日(土)の早朝、レッドブルのF1ドライバーであるセルジオ・ペレスの故郷グアダラハラで強盗未遂事件が発生し、彼のボディガードが銃撃を受けたようだ。

 そのボディガードは、ジープ ラングラーを奪おうとしていた強盗に対応した際に銃撃されて負傷した模様。彼はペレスの兄アントニオのボディガードも務めているが、兄が現場にいたかどうかは明らかになっていない。

 地元紙『El Informador』は次のように報じている。

「ふたりのボディガードのひとりが、その車両が盗まれようとしていることに気付き、車両の後ろを走っていた」

「そのボディガードは銃を出したため、強盗犯との間で銃撃戦が始まり、彼らのうちひとりが顔を負傷した。そして犯人達は黒のシボレーに乗り込んで現場から逃走した」

 この報道について予選後に尋ねられたペレスは、それが事実であることを認め、ボディガードの容態が良好であることを明かした。

「彼ら(犯人)は僕のセキュリティ(ボディガード)が持つ車を奪おうとしていた。そして彼らは僕のセキュリティのひとりを撃ち、傷付けたんだ」

 ペレスはそう説明した。

「しかし彼らは基本的に車を奪おうとしただけで、他には何も起きなかった。撃たれた彼の容態は良好だ。そして警察がその強盗を捕まえてくれた」

「僕の家族は無事だ。ありがとう」

 ペレスはまた、自身の予選セッションについても振り返った。彼はQ3まで進出したが、ラストアタックでトラフィックに引っかかるなど上手くいかず、最終的に9番手に終わった。

「最悪だったよ」とペレスは言う。

「アプローチを変えた結果、予選に向けては良い調子できていたし、Q2でも良いステップが踏めていた」

「しかしコース上が涼しくなってきていたので、Q3ではまたアプローチを変えたら、フロントのグリップが全くなかった。タイヤがかなり冷えていたんだ」

「そして2回目のアタックでは、トラフィックに遭遇するまでは順調に走ることができていた。しかしあれ(トラフィック)のせいで大幅にタイムをロスしてしまった」

 

Read Also:

シェア
コメント
アストンマーチンF1、当初の目標“ランキング3位”はもはや「現実的ではない」
前の記事

アストンマーチンF1、当初の目標“ランキング3位”はもはや「現実的ではない」

次の記事

サインツJr.「ポール&勝利を狙っていたのに、正直がっかり」僚友ルクレールのクラッシュでアタック完了できず

サインツJr.「ポール&勝利を狙っていたのに、正直がっかり」僚友ルクレールのクラッシュでアタック完了できず
コメントを読み込む