F2選手権首位のオスカー・ピアストリ、来季はアルピーヌF1のリザーブドライバーに。2023年のシート獲得目指す

アルピーヌ育成ドライバーのオスカー・ピアストリが、2022年からアルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めることとなった。

F2選手権首位のオスカー・ピアストリ、来季はアルピーヌF1のリザーブドライバーに。2023年のシート獲得目指す

 アルピーヌの育成ドライバーで、今季はFIA F2に参戦してランキング首位に立っているオスカー・ピアストリ。彼が2022年シーズンにアルピーヌF1チームのリザーブドライバーを務めることが発表された。

 ピアストリは2019年にフォーミュラ・ルノー・ユーロカップ、2020年にFIA F3でチャンピオンを獲得し、出世街道を順調に進んでいる。今季はプレマからFIA F2に参戦し、8ラウンド中6ラウンドを終えた段階で周冠宇に36点差をつけてランキングトップに立っている。

 そんなピアストリは、2022年のF1レギュラー入りを逃した格好だが、アルピーヌとのリザーブドライバー契約には、2023年のF1シート獲得に向けた準備を支援する「広範囲なテストプログラム」が含まれているという。

 なお、今季はダニール・クビアトがアルピーヌのリザーブドライバーを務めていたが、ピアストリはクビアトに代わってその役割を務めることになる。

 発表に際し、ピアストリは次のようにコメントした。

「アルピーヌF1チームにリザーブドライバーとして加入できて本当に嬉しい」

「チームにより深く関わり、チームの成功に貢献できることを楽しみにしている」

「リザーブドライバーとしての業務は、僕が目指している2023年のレースシート獲得のための次なるステップであり、とてもエキサイティングなものだ」

「ここ数年、ジュニアフォーミュラの世界で自分の実力を証明することができたし、今はF1に乗る準備ができていると思っている。レースウィークでコースサイドでの経験を積み、充実したテストプログラムをこなすことで、レースシート獲得に向けてより一層の準備を進めていきたい」

「アルピーヌのサポートには感謝している。アカデミーではここ2年共に成功を収めてきた。より大きな未来を見据えて、僕のことを信頼してくれて嬉しく思う」

「今はプレマでF2を最高の結果で締め括ることに集中している。マシンに乗ってコース上でハードにプッシュすることを楽しみにしている」

 アルピーヌのローラン・ロッシCEOは次のようにコメントを寄せた。

「オスカーの天性の才能は一目瞭然だ。我々は来年、彼をリザーブドライバーとしてチームに迎え入れることができて誇りに思う」

「オスカーはここ数年のジュニアカテゴリーで証明されたコース上でのスキルのみならず、成熟した落ち着きも持ち合わせており、これは他のドライバーとは一線を画している」

「彼にとって次のステップは、定期的にグランプリに顔を出してレースチームに溶け込み、F1ドライバーは何を求められているかを学び、来たるチャンスに備えることだ」

「オスカーの加入は、アルピーヌ・アカデミーの成功を象徴するものである。今後も我々の若い才能が開花していくのを楽しみにしている」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
マゼピンが予選後に流した“涙”の真相。スタッフの人事異動もあり歯がゆいシーズン続く「僕にはレースしかないんだ……」
前の記事

マゼピンが予選後に流した“涙”の真相。スタッフの人事異動もあり歯がゆいシーズン続く「僕にはレースしかないんだ……」

次の記事

【動画】F1サウジアラビアGPの舞台、ジェッダ市街地コースをF1公式ゲームで1周!

【動画】F1サウジアラビアGPの舞台、ジェッダ市街地コースをF1公式ゲームで1周!
コメントを読み込む