F1
12 3月
-
15 3月
イベントは終了しました
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
22 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
36 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
64 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
71 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
85 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
99 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
106 days
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
120 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
127 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
141 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
155 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
183 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
190 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
204 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
211 days
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
225 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
239 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
246 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
260 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
274 days

ピレリ、フリー走行でのタイヤテストはもうしない?「適切な評価ができない」

シェア
コメント
ピレリ、フリー走行でのタイヤテストはもうしない?「適切な評価ができない」
執筆:
2020/02/01 4:14

ピレリは2019年のF1アメリカGPのように、グランプリウィークエンド中に再びプロトタイプタイヤをテストする可能性は低いと語った。

 ピレリは昨年、アメリカGPで2020年用に製造したF1タイヤを全チームに供給し、フリー走行の時間を使ってテストをさせた。しかしながら新タイヤのグリップレベルは低く、ドライバーからは不評だった。

 その後行なわれたアブダビポストシーズンテストでも新タイヤのテストが実施されたが、ドライバーたちの評価は覆らず、全チームが2020年の新タイヤ導入に反対。最終的に2019年仕様のタイヤが今季も継続使用されることになった。

 ピレリのF1責任者であるマリオ・イゾラは、今後グランプリウィークエンドの中で新しいタイヤをテストすることはないだろうと考えている。彼はその理由を次のように語った。

「フリー走行中に新しいコンパウンドのタイヤを試すことは可能だ。同じ構造のものであれば、マシンのバランスなどに影響を与えないためだ」

「しかし、全く新しいタイヤをテストする必要がある場合、それをフリー走行中に行なうのは間違ったやり方だったと思う。なぜなら、チームが(金曜日に)合計3時間のフリー走行を行なうことができなくなるからだ」

「各チームはグランプリウィークエンドの中で、マシンをセットアップすることに集中している。また、新しいパーツをテストすることもある。そんなやることがたくさんあるスケジュールの中で、タイヤテストを行なうための妥協点を見つけなければいけなくなるのだ」

「また、トラックの状況は刻々と変化していくものだ。その中で様々な比較テストを行なうとなると、とても3時間では足りない」

「つまり、そういった状況の中で適切なテストをするのはかなり難しいということだ。したがって我々は、終日行なうことができる開発テストにより焦点を当てたいと思っているんだ」

「そうすれば、ロングランとショートランを行ない、キャンバーや空気圧など様々な部分で適切な比較ができる。そしてタイヤに関して適切な評価ができるんだ」

Read Also:

次の記事
ストロール父がアストンマーチン大株主に。レーシングポイントの名称も変更へ

前の記事

ストロール父がアストンマーチン大株主に。レーシングポイントの名称も変更へ

次の記事

“夢を叶えた男たち”は、今幸せなのか? 求められるF1関係者への『心のケア』

“夢を叶えた男たち”は、今幸せなのか? 求められるF1関係者への『心のケア』
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Alex Kalinauckas