F1フランスFP3:フェルスタッペン、0.7秒の大差でトップ! 角田裕毅は12番手タイムが抹消され17番手

F1第7戦フランスGPのフリー走行3回目は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがトップ。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は17番手となった。

F1フランスFP3:フェルスタッペン、0.7秒の大差でトップ! 角田裕毅は12番手タイムが抹消され17番手

 F1第7戦フランスGPのフリー走行3回目がポール・リカール・サーキットで行なわれた。トップタイムを記録したのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。

 曇り空の下、気温25度、路面温度36度で60分のセッションが開始されるが、すぐにコースインするマシンはなく、しばらく動きがないままセッションの残り時間が減っていった。

 セッション開始10分が経ち、ようやくハース2台がコースイン。これを皮切りに少しずつコース上の台数が増えていった。ここではほとんどのマシンがソフトタイヤを使用した。ただアストンマーチンの2台はハードタイヤを履いて走り出した。

 ニキータ・マゼピン(ハース)が挙動を乱してターン2でハーフスピンしてしまうシーンもあったが、各車が予選・決勝に向けてソフトタイヤで走行を重ねた。セッション中盤には、レッドブルのフェルスタッペンやメルセデス勢もソフトタイヤでアタック。タイムシートの上位に名を連ねた。

 このセッションから新たにターン6出口がトラックリミットの監視対象となっており、ここでコースオフしたフェルスタッペンのトップタイムが抹消された他、角田裕毅(アルファタウリ)もベストタイム抹消を受けた。

 セッション残り20分というタイミングで、各車が2セット目のソフトタイヤを投入。予選に向けた最終確認を行ない、自己ベストを塗り替えていった。

 圧巻の速さを見せ、セッショントップとなったのはフェルスタッペン。2番手となったバルテリ・ボッタス(メルセデス)に0.747秒の大差をつけ、予選に向けて好位置でフリー走行を終えた形となった。フェルスタッペンは、高速コーナーがあるセクター3までタイヤをうまく保たせ、セクター3だけで0.5秒近くボッタスに差をつけている。

 市街地サーキットでの好調を維持しているのか、フェラーリのカルロス・サインツJr.が3番手。レッドブルのセルジオ・ペレスが4番手となった。

 5番手はルイス・ハミルトン(メルセデス)。全セクターでチームメイトのボッタスから少しずつ遅れている形だ。

 中団争いでは、6番手のランド・ノリス(マクラーレン)が一歩リード。ただ7番手のフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)以下は大接戦状態。1秒以内に10台以上がひしめいている。

 アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは9番手でトップ10圏内に。チームメイトの角田裕毅は、セッション中盤にはガスリーと0.1秒差に迫った他、セッション終盤に12番手相当のタイムを出したものの、それぞれのタイムがトラックリミット違反で抹消となっており、結局17番手でセッションを終えた。

 風の影響も大きいポール・リカール。予選ではいかにしっかりとアタックをまとめられるかが重要となってくるだろう。

 

Read Also:

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Netherlands マックス フェルスタッペン 11 1'31.300     230.352
2 Finland バルテリ ボッタス 14 1'32.047 0.747 0.747 228.483
3 Spain カルロス サインツ Jr. 17 1'32.195 0.895 0.148 228.116
4 Mexico セルジオ ペレス 15 1'32.238 0.938 0.043 228.010
5 United Kingdom ルイス ハミルトン 15 1'32.266 0.966 0.028 227.940
6 United Kingdom ランド ノリス 14 1'32.336 1.036 0.070 227.768
7 Spain フェルナンド アロンソ 15 1'32.624 1.324 0.288 227.059
8 France エステバン オコン 16 1'32.681 1.381 0.057 226.920
9 France ピエール ガスリー 16 1'32.707 1.407 0.026 226.856
10 Australia ダニエル リカルド 14 1'32.759 1.459 0.052 226.729

シェア
コメント
【F1動画】第7戦フランスGPフリー走行3回目ハイライト

前の記事

【F1動画】第7戦フランスGPフリー走行3回目ハイライト

次の記事

F1フランスGP予選速報:フェルスタッペン驚速ポールポジション。角田裕毅、痛恨のQ1クラッシュでノータイム

F1フランスGP予選速報:フェルスタッペン驚速ポールポジション。角田裕毅、痛恨のQ1クラッシュでノータイム
コメントを読み込む