病院搬送のロイテマン、状態は安定「意識ははっきりしており、周囲とコミュニケーションもできている」

元F1ドライバーのカルロス・ロイテマンは、数回に渡る消化器系の出血により病院搬送。集中治療室に入っているが、現在は状態が安定しているという。

病院搬送のロイテマン、状態は安定「意識ははっきりしており、周囲とコミュニケーションもできている」

 1970年代から1980年代初頭にかけてF1で活躍し、1981年にはネルソン・ピケと最終戦までもつれるタイトル争いを展開しランキング2位になったことで知られるカルロス・ロイテマン。引退後は政界に進出していたが、消化器系からの内出血が繰り返されたため、集中治療室で処置を受けている。

Read Also:

 現在79歳のロイテマンは、5月5日(水)に消化器系から出血をきたしたことで、アルゼンチンのサナトリオ・サンタフェ病院に搬送された。7日(金)に同院は、ロイテマンの状態が「臨床的に安定しており、血行動態のパラメータも許容範囲である」と報告していたが、その後新たに内出血が確認され、ロサリオにある病院の集中治療室に転院となっていた。

 10日(月)には状態が安定しているという報告もあったが、翌日には再び出血があり、その後腸内視鏡検査を行なうことが決定された。

 病院は12日(水)に最新の医療情報を発表。ロイテマンの状態が改善したことを伝えた。

「ICUに入院しているが、意識ははっきりとしており、周囲とのコミュニケーションがとれている。他の臓器に障害はない」

「昨日行なわれた内視鏡止血処置以降、消化器系の出血の兆候はない」

 ロイテマンは1972年にF1デビューを果たし、フォークランド紛争の影響で1982年に引退するまで146レースに出走。ブラバム、フェラーリ、ロータス、ウイリアムズなどで活躍した。10年間で優勝12回、ポールポジション6回、表彰台46回という成績を残している。

 引退後は政治家に転身。2003年からはアルゼンチンの上院議員を務めている。また地元のサンタフェ州では州知事を2期務めたほか、アルゼンチン大統領選への出馬も打診されたことがあるが、本人が辞退している。

 
 

Read Also:

シェア
コメント
アロンソ、”今の全力”じゃオコンには届かない?「アルピーヌは他より適応が必要なチームなのかも」

前の記事

アロンソ、”今の全力”じゃオコンには届かない?「アルピーヌは他より適応が必要なチームなのかも」

次の記事

渡航制限に頭を悩ませるF1。アゼルバイジャンGPとトルコGPの日程入れ替えは実行不可能

渡航制限に頭を悩ませるF1。アゼルバイジャンGPとトルコGPの日程入れ替えは実行不可能
コメントを読み込む